ピション川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ピション川旧約聖書創世記に登場する、エデンの園から出た4つの支流の一つである。名前の意味は『多数』とされる[1]

ハビラ全土を巡って流れていたと言われる。これがどの川を指すのかは確定されていないが、インダス川であるという見解もあった(ヨセフスの『ユダヤ古代誌』第I巻1章など[1])。

U・カースト(U.Cassuto)はピション川とギホン川ナイル川を形成する二つの流れであると仮定している。

E・A・シュパイザー(E.A.Speiser)はエデンの園に至るまえに、4つの支流があったと考える。その4つの川がエデンで一つになり、園を潤していたと解釈する。

ピション川とギホン川が乾燥して現在は存在していない涸れ川であるという説もある。

脚注[編集]

  1. ^ a b フラウィウス・ヨセフス 著、秦剛平 訳『ユダヤ古代誌1 旧約時代編[I][II][III][IV]』株式会社筑摩書房、1999年、ISBN 4-480-08531-9、P35

参考文献[編集]