ピサ植物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Antico Istituto di Botanica presso l'Orto Botanico dell'Università di Pisa

ピサ植物園(ピサしょくぶつえん Orto botanico di Pisa)またはピサ大学植物園(Orto Botanico dell'Università di Pisa)はイタリアピサにある植物園である。医学教育のために大学に作られた植物園としては最初の植物園とされる。

概要[編集]

1544年に、初代トスカーナ大公コジモ1世のもとでヨーロッパで最初の大学教育のための植物園といて創設された。高名な医学者、植物学者のルカ・ギーニと弟子たちによって各地の植物が集められた。最初、アルノ川沿いの造船所(arsenali medicei)近くに造られた植物園は 1563年にピサのサンタマルタ修道院(Chiesa di Santa Marta)の近くに移され、1591年に再び移転され、現在の場所になった。これらの初期の時代から植物園には博物学の展示館(現在のピサ大学自然史博物館、Museo di Storia Naturale)、図書館が含まれ、歴代の園長の肖像画が展示されている。

植物園の画像[編集]

参考文献[編集]

  • Garbari F. et al., Giardino dei Semplici. L'Orto botanico di Pisa dal XVI al XX secolo, Pisa 1991

外部リンク[編集]