ルカ・ギーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Luca Ghini

ルカ・ギーニ(Luca Ghini、1490年1556年5月4日)はイタリアの医師、植物学者である。記録に残っているヨーロッパ最初の標本館、植物園を作った人物として知られている。

略歴[編集]

イタリア共和国エミリア=ロマーニャ州 ボローニャ県カザルフィウマネーゼの貴族の家に生まれた。ボローニャ大学で医学を学び、1527年までボローニャ大学で薬用植物の講義を行い、後に教授となった。

トスカーナ大公、コジモ1世の招きにより、1544年にピサ大学に移った。植物園の設立のために、ギーニと弟子のウリッセ・アルドロヴァンディやアンデレア・アルパーゴ、フランチェスコ・カルツォラーリらはエルバ島バルド山ガルダ湖などで植物を収集し、1544年にピサ植物園(Orto botanico di Pisa)は設立された。フィレンチェの植物園、センプリチ庭園の建設も援助した。

ギーニ自身の特に有名な著書はなく、著作は散逸したが、ギーニの教えた植物学者にはアンドレア・チェザルピーノピエトロ・アンドレア・マッティオリらがいる。マッティオリらの著作にギーニの研究結果が残されている。

1554年にボローニャに戻り、医学の講義を行いボローニャで没した。

参考文献[編集]

  • Franco Aurelio Meschini, Ghini, Luca. In: Dizionario Biografico degli Italiani, Vol. 53, Istituto dell'Enciclopedia italiana Treccani