ピエール・ベルナック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ピエール・ベルナックPierre Bernac, 1899年1月12日 パリ - 1979年10月17日 ヴィルヌーヴ=レ=アヴィニョン)は、フランスバリトン歌手。本名はピエール・ベルタン(Pierre Bertin)。

音楽界に進んだのは遅かったが、フランスにおけるメロディ(フランス語芸術歌曲)の解釈者ならびに卓越した声楽教師の重鎮として名を馳せた。ドイツ語歌曲の卓越した解釈でも名高い。フォンテーヌブロー・アメリカ音楽院にてマスタークラスを主宰し、門下よりジェラール・スゼーベルナール・クリュイセンエリー・アーメリングジェシー・ノーマンらを輩出した。

生涯の友であったフランシス・プーランクを伴奏者に、数々の国際的な演奏旅行を行なった。プーランクからはいくつかの歌曲を献呈されており、ほかにもアンドレ・ジョリヴェアンリ・ソーゲジャン・フランセがベルナックを意識した声楽曲を遺している。

『フランシス・プーランク、人物とその歌曲』や『フランス歌曲の演奏と解釈』(日本語版は林田きみ子・訳、音楽之友社、1987年、ISBN 978-4276142718)といった重要な著作を残している。