ビルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビルン
Billund
—    —
Billund Kro
ビルンの位置(デンマーク内)
ビルン
ビルン
ビルンの位置
デンマーク
地域 南デンマーク地域
基礎自治体 ビルン基礎自治体英語版
建設 17世紀
面積
 - 計 536.51km2 (207.1mi2)
人口 (2017年1月1日)
 - 計 6,277人
等時帯 GMT +1
郵便番号 7190
ウェブサイト billund-grindsted.dk

ビルン (デンマーク語:Billund / デンマーク語発音: [ˈb̥ilɔnˀ])は、デンマーク南デンマーク地域ビルン基礎自治体英語版の町。 2017年の人口は6277人[1]レゴ本社とレゴランド・ビルンが立地する企業城下町である。 国内第2位のビルン空港も有る。 郊外にはレゴの工場が有り、2005年には同社製品の90%を製造した。 サン・エア航空英語版の本社も有る[2][3]

人口[編集]

子供連れの家族が地域平均より多く、全世帯の27.3%に上る。

歴史[編集]

1454年、「Byllundt」として記録に初登場した。

1510年、Billundに改名された。

1880年ヴァイレバーデ英語版を結ぶ道に、ビルン初の風車が建てられた。

1895年、風車が焼け落ちた。

1897年、風車がオランダ様式で再建された。 ヴァイレからビルンまで鉄道が延びた。

1914年グリンステッド英語版まで鉄道が延びた。

1916年、後にレゴを創設するオーレ・キアク・クリスチャンセンがビルンの家具会社を買収した。

1930年、クリスチャンセンは鉄板や踏み台、玩具を造り始めた。

1932年、玩具制作を本格的に始めた。

1934年、玩具工場を「レゴ」と名付けた。

1930年代後半、事業に成功したクリスチャンセンは水道や体育館、町役場を建設した。

1942年第二次世界大戦ナチスドイツに征服され、レゴ工場は破壊された。 しかし、新工場が直ちに造られた。

1946年、グリンステッドからレゴ工場に鉄道が延びた。

1949年、プラスチック版のレゴが初めて発売された。

1950年代、鉄道が廃止され、ビルンに不況が訪れた。 ビルン住宅公団が設立され、安価な住宅が供給された。

1959年、レゴは町の北に大きな公園を建設した。

1962年、レゴの私的空港としてビルン空港が建設された。 後に運営を切り離し、一般空港に変化した。

1968年レゴランド・ビルンが開園し、ビルンの景気が改善した[4]

2009年ラランディア英語版が開園した。

地理[編集]

脚注[編集]

  1. ^ City Population閲覧日:2017年3月22日
  2. ^ "Locations." Lego Group. Retrieved on 16 March 2010.
  3. ^ "Contact Archived 2010年8月20日, at the Wayback Machine.." Sun Air of Scandinavia. Retrieved on 16 March 2010.
  4. ^ Billund, Denmark”. TripWiser.com. 2017年3月22日閲覧。

外部リンク[編集]

  • ウィキボヤージュには、ビルンに関する旅行情報があります。