ビクトリノックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビクトリノックス
Victorinox AG
Victorinox Logo.svg
種類 株式会社
本社所在地 スイスの旗 スイス
シュヴィーツ州
設立 1884年
関係する人物 カール・エルズナー
外部リンク https://www.victorinox.com/jp/ja
テンプレートを表示
マウンテニアモデル

ビクトリノックスVictorinox)は、スイスに本拠地を置きマルチツールの納入業者として知られているナイフメーカーである。社名は創業者カール・エルズナーの母親の名「ビクトリア」と、フランス語ステンレス鋼を表す略語「イノックス」の組み合わせである。

歴史[編集]

バイエルン州旗モデル

ビクトリノックス[編集]

ビクトリノックスは1884年スイスのイーバッハで帽子職人の四男であったカール・エルズナーと彼の母親、ビクトリアが開いた工房がはじまりである。カールは1860年生まれで、手に職をつけるためドイツフランス鍛冶職人としての修行を積んだ人物であった。

カールの工房が飛躍するきっかけとなったのは、1891年スイス陸軍に納入した「ソルジャーナイフ」である。この製品は高く評価され、スイス陸軍は制式装備品のナイフ納入業者をドイツのゾーリンゲンの業者からカールの工房に変更することとなった。

1897年に現在も同社のマルチツールの基本形となっている「Original Swiss Army knife」が特許を取得している。

1909年にカール・エルズナーと共にビクトリノックスを創業した母親が他界。敬愛を込め、彼女のクリスチャンネームである「ビクトリア」を商標(ブランド名)とした。

そして同年、類似品が数多く出回るようになったため赤いハンドルにスイスの国章をトレードマークとして登録。「クロスアンドシールド」を刻んだ「オフィサーナイフ」が誕生。

1921年ステンレススチールが開発された重要な年に、商標である「victoria」 とステンレススチールの国際的な名称である「inox(inoxydableの略称)」を一つに組み合わせて「Victorinox」と会社名を改める。

1989年米国の「Swiss Army Brand Inc.」により、時計事業に進出。1993年自社販売会社を日本に設立、これをきっかけに各国に子会社を設立することとなる。1999年にはトラベルギア&ビジネスギア事業に参入、さらに時計事業を拡大し、スイスの時計工業地区に「Victorinox Watch SA」を設立する。

2005年4月25日にウェンガーを傘下に治める。2013年12月にウェンガーのマルチツール、キッチンナイフ事業はビクトリノックスに統合された。

製品[編集]

マルチツール[編集]

創業以来130年以上にわたり機能性と革新性、優れた品質を追求し続け、日常のあらゆる場面で役に立つ製品へと進化し続けている。

「ソルジャーナイフ」の現行モデルは、スイス軍による実践テストの末、7社のサプライヤーの中から正式採用を勝ち取り2008年より納入が続いている。「ソルジャーナイフ」を発展させたモデルとして「オフィサー」シリーズがあり、必要最低限の機能を備えたシンプルな造りの「スタンダード・スパルタン」はブレード、せん抜き、カン切りなど12機能を搭載し、ビクトリノックス・ビギナーが初めてマルチツールを選ぶ際におすすめできるモデル。

製品によってはLEDライト、USBメモリ、高度計、気圧計、などを搭載したものもある。

スイスツール
USB secure
USB Presentation Master

スイスツール[編集]

スイスツールはニードルノーズ・プライヤーを主体にした折り畳み式マルチツール。全長115mmのボディにはブレード、ドライバー、のこぎり、やすりにスケールなどの機能が搭載されており、家に置いておけば、これ一本で工具箱の代わりになります。それぞれのパーツ開閉時にはロックがかかるため、過酷な条件下での使用にも耐えます。修理・工事の現場に、またアウトドアや日曜大工など幅広く使用可能。高い精度とスムースなパーツ開閉はビクトリノックスならではの完成度。

キッチンウェア[編集]

創業の頃から、家庭用及びプロ用としてキッチン用の包丁を販売している。またその派生として、ワインオープナーなどのキッチン小物も販売している。

ブランドの拡張[編集]

ナイフの他、腕時計スーツケースバッグなども生産している。

ビクトリノックスとウェンガーの違い ※2014年以降はウェンガーが培ってきた特徴をビクトリノックス製品にバランスよく組み合わせたモデルを発売。[編集]

基本的な機能やデザインは似通っているが、いくつかの違いがある。

ハンドルの長さ
ミドルサイズの製品のハンドルの長さがビクトリノックス91mmに対し、ウェンガーは85mmとやや短い。ミニマムモデルはビクトリノックスが58mm、ウェンガーが61mmである。
スイスクロスのデザイン
ビクトリノックスが盾のような図形の中に十字マークを入れているのに対し、ウェンガーのマークはやや丸みをおびた正方形である。
缶切の方式
ビクトリノックスのナイフに装備された缶切は、欧米で主流の押しながら切るタイプだが、ウェンガーの缶切は、日本で主流の引きながら切る方式である。ただしスイス陸軍に納入しているソルジャーナイフはどちらも押し切り式となっている。
ハサミのスプリング
折り畳みナイフに収められたハサミは、指を放すと自動的に開くようにスプリングが装備されているが、このスプリングの形が違う。
ビクトリノックスのハサミのスプリングは、薄い板の形のものを採用しており、一方ウェンガーのスプリングは、耐久性の高いソリッド・レバーを採用している。(しかし、ビクトリノックス製品でもスイスツールスピリットのみソリッド・レバー方式)※2014年以降に発売されたビクトリノックス製マルチツール「ネイルクリップ」や「エボウッド81」などには、この機構が採用されている。
ハサミの刃
ビクトリノックスクラシックなどに装備されているハサミの刃は一般的なハサミと同じ片刃を合わせたものだが、ウェンガーのハサミの刃は片刃が波型になっており、ビクトリノックスに比べて厚い紙など、硬めの物も切れる。製品の大きさを比較しても僅かだがウェンガーの方が大きめである。)※2014年以降に発売されたビクトリノックス製マルチツール「ネイルクリップ」や「エボウッド81」などには、この刃構が採用されている。
ソルジャーナイフのキーリング
前述のように、両ブランドとも半数ずつスイス陸軍にナイフを納入している。このナイフにプリントされたスイスクロスのデザインはどちらとも違い、縦長の楕円の上半分を切って平たくしたような形となっている。このソルジャーナイフについているキーリングが両者で違う。
ビクトリノックスのソルジャーナイフは二種類あり、スイス陸軍に納入しているそのままのモデル。(旧ソルジャーナイフ。1961年~2007年まで納入)と、一般向けのモデルがある。陸軍モデルにはキーリングがついておらず、ハンドルのマークも前述のスイス陸軍のものだが、一般モデルにはスプリングタイプの小さなキーリングがついており(ソルジャーCVAL)、ハンドルのマークはビクトリノックスのものである。
ウェンガーの市販ソルジャーナイフは、スイス陸軍仕様のモデル一種類だけである。こちらには、ビクトリノックスのものとは違い、大きなDリングがハンドルを貫く形で付いている。
左利き用モデルの存在
基本的に折り畳みナイフは右利きを前提に作られているが、ウェンガーの製品には数は少ないながら左利き用に使いやすくしたモデル「レフトハンダーズ」シリーズが存在し、左手を挙げ右手を下げた人の線画マークが入っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]