ビクトリア・ホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ビクトリア・ホテル』(Gran Hotel Victoria)とは、フェリシアーノ・ラタサ(Feliciano Latassa)作曲のタンゴ[1]。正しくは「グラン・オテル・ビクトリア」。

概要[編集]

1907年発表。Hotel Victoria とするレーベルもある。アルゼンチンコルドバ市の、ホテル・ビクトリア(Hotel Victoria)の開店式に楽団によって演奏されたといわれている。フランシスコ・カナロ楽団、ファン・ダリエンソ楽団、ビセンテ・グレコ楽団、オラシオ・サルガン楽団ほかのレコードがある。今も、インターネットラジオや YouTube で聴かれる曲である[2]。日本では水色の恋の著作隣接権問題で知られる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]