ビアージョ・マリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ビアージョ・マリーニ(Biagio Marini, 1594年2月5日 - 1663年3月20日)は、イタリアの作曲家ヴァイオリニスト

生涯[編集]

ブレシア出身。1615年からヴェネツィアクラウディオ・モンテヴェルディ楽長を務めていたサン・マルコ寺院楽団のヴァイオリニストとなった。1620年にブレシアに戻り、1621年にはパルマ公国ファルネーゼ家の宮廷音楽家となった。その後1623年からノイブルク・アン・デア・ドナウプファルツ=ノイブルク公ヴォルフガング・ヴィルヘルム1649年まで仕えた。その間、1624年ブリュッセルを、1631年から1632年ミラノベルガモを、1640年1644年から1645年にかけてデュッセルドルフを訪れている。1649年にミラノの聖マリア・デッラ・スカーラ教会の楽長となり、1652年フェラーラに渡り、1654年にミラノに戻った。1655年1656年のいずれかにヴィチェンツァに移り、最期はヴェネツィアで迎えた。

音楽[編集]

バロック初期の器楽曲の重要な作曲家とみなされている。ヴァイオリン演奏に技術革新をもたらし、重音奏法スコルダトゥーラを開発した。またはじめて楽譜にトレモロの指示を書き残した。その17世紀における影響力の大きさは、同時代のドイツのハインリヒ・シュッツと比肩される。

文献[編集]

  • Georg Brunner Biagio Marini: Die Revolution in der Instrumentalmusik. (Edition Descartes 10) Verlag Bickel, Schrobenhausen 1997, ISBN 392280392X
  • Dora J. Iselin Biagio Marini. Sein Leben und seine Instrumentalwerke (Phil. Diss.). Hilburghausen/Basel 1930.

外部リンク[編集]