ヒーウマー島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヒーウマー島

ヒーウマー島エストニア語: Hiiumaaドイツ語およびスウェーデン語: Dagö ダゲー)は、バルト海にあるエストニア領の島。サーレマー島の北にある。面積は989 km2、人口は9181人。中心となる町はカルドラである。周辺の島嶼とともにヒーウ県を構成する。

歴史[編集]

考古学的には、4世紀頃の遺跡が発見されている。文献資料としては、1228年北方十字軍によるものが初めてのものとなる。16世紀から18世紀にかけてはスウェーデン領であり、18世紀から第一次世界大戦まではロシアが統治した。また、第一次世界大戦時はドイツ軍が占領していた。

第二次世界大戦序盤の1939年9月28日、エストニアはソビエト連邦との間で相互援助条約を締結。この条約は相互に軍事的援助を行うことを目的としており、ソ連はヒーウマー島と隣のサーレマー島租借して海軍基地、航空基地を建設する権利を得た[1]

その後は、エストニア領・ソ連領となったが、1991年からはエストニア領となっている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ エストニアと相互援助条約を締結(『東京朝日新聞』昭和14年9月30日夕刊)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p381 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年