ヒューゴ・ボーチャード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フーゴー・ボルヒャルト
生誕 (1844-06-06) 1844年6月6日
ドイツ マクデブルク
死没 1924年5月8日(1924-05-08)(79歳)
ドイツ ベルリンシャルロッテンブルク
職業 銃器設計家、発明家

ヒューゴ・ボーチャード(Hugo Borchardt, 1844年6月6日 - 1924年5月8日)はドイツの銃器設計者、発明家。世界初の実用自動拳銃とされるボーチャードピストル(ボルヒャルトC93)などを開発した。上記の英語表記が知られるが、ドイツ語での表記はフーゴー・ボルヒャルトとなる。

生涯[編集]

1860年アメリカ合衆国に移住し、コルト・ファイヤーアームズウィンチェスター・リピーティングアームズなどで拳銃の開発に従事。シャープス・ライフル・マニュファクチュアリング・カンパニーではシャープス・ボーチャード モデル1878英語版を設計している。同社が倒産した1881年に帰国後もブダペストの銃器会社Fegyver- és Gépgyárで研究を続け、1890年から1892年に再び渡米してレミントン・アームズのコンサルタントとなり、アメリカ陸軍におけるライフルの試験に関わった。帰国後の1893年にはベルリンのルートヴィヒ・レーヴェ&カンパニー(現在のDWMの前身)でボルヒャルトC93及び同銃専用弾の7.65x25mmボルヒャルト弾を開発。これらは同社のゲオルグ・ルガーらにより改良され、ルガーP089x19mmパラベラム弾などが生み出されることとなる。

1924年にベルリン郊外で肺炎のため死去。ボルヒャルトは、銃器のみならず削岩機などの機械でも特許を残している。

関連項目[編集]