ヒシャーム・カンディール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エジプトの政治家
ヒシャーム・カンディール
هشام قنديل
Hesham Mohamed Qandil World Economic Forum 2013 crop.jpg
生年月日 1962年9月17日
出生地 ベニ・スエフ
出身校 カイロ大学
ユタ州立大学
ノースカロライナ州立大学
前職 灌漑・水資源大臣
現職 首相
所属政党 無所属

エジプトの旗 首相
在任期間 2012年8月2日 - 2013年7月
大統領 ムハンマド・ムルシー
テンプレートを表示

ヒシャーム・カンディールアラビア語: هشام قنديل‎、英語: Hisham QandilまたはHisham Kandil1962年9月17日[1] -)は、エジプトの政治家、官僚。エジプトの前首相。特定の政党には属していない。

経歴[編集]

首相就任まで[編集]

1984年カイロ大学工学部卒。1988年ユタ州立大学で灌漑排水学修士号を、1993年にはノースカロライナ州立大学で灌漑排水学の博士号を取得した。エジプト灌漑・水資源省に勤務しナイル川担当局長[2]などに就いたほか、チュニジアにあるアフリカ開発銀行でチーフ水資源技師をつとめた[3]

2011年7月21日にイサーム・シャラフ首相から灌漑・水資源大臣に任命され、続くカマール・ガンズーリー内閣でも続投した[4]2012年7月24日ムハンマド・ムルシー大統領より首相に指名され、組閣を命じられた[5]ナセル以後では最年少での首相就任となった。8月2日に新内閣の閣僚名簿を発表した[6]

首相就任後[編集]

2012年11月14日に、ハマースの軍事部門幹部アフマド・ジャアバリーがイスラエル軍により殺害されたことで激化したイスラエルパレスチナ間の戦闘のさなかの同月16日、ガザ地区を訪問し、病院を訪れイスラエル軍の攻撃で負傷した人々を見舞い、ガザ政府首相イスマーイール・ハニーヤと会談した[7]

首相退任後[編集]

2013年エジプトクーデター発生後、2013年12月25日にエジプト当局により隣国スーダンに逃亡を図っていたところを山間部で拘束された。[8]その後、2014年7月15日に保釈された。[9]

脚注[編集]

  1. ^ هشام قنديل أصغر رئيس حكومة فى تاريخ مصر”. BERNAMA ARABIC. 2012年7月26日閲覧。
  2. ^ 首相にカンディール水資源相=実務家に組閣要請-エジプト大統領”. 時事通信. 2012年7月25日閲覧。
  3. ^ Profile: Egypt Prime Minister-designate Hisham Qandil”. BBC NEWS. 2012年7月25日閲覧。
  4. ^ PROFILE: Egypt's new PM Hisham Kandil”. Ahram Online. 2012年7月25日閲覧。
  5. ^ Egypt crisis: Water minister asked to form government”. BBC NEWS. 2012年7月25日閲覧。
  6. ^ エジプト:新内閣に国防相ら9人留任”. 毎日新聞. 2012年8月3日閲覧。
  7. ^ エジプト首相、ガザ入りで同地区を支援”. 中国国際放送 (2012年11月16日). 2012年11月16日閲覧。
  8. ^ http://sankei.jp.msn.com/world/news/131225/mds13122510060003-n1.htm モルシー政権下の首相を逮捕 エジプト、逃亡図り山間部で拘束
  9. ^ https://www.middleeastmonitor.com/news/africa/12833-qandil-egypt-faces-difficult-challenges-and-needs-justice Qandil: Egypt faces difficult challenges and needs justice

外部リンク[編集]

公職
先代:
カマール・ガンズーリー
エジプトの旗 エジプト・アラブ共和国
首相

2012年7月24日 - 2013年7月
次代:
ハーゼム・エル=ベブラーウィー(暫定)