パルラディ (カファロフ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
掌院パルラディ(1888年発行の中露辞典に掲載されたもの)

掌院パルラディ1817年9月29日ユリウス暦:9月17日) - 1878年12月18日12月6日)、: Архимандрит Палладий)は、ロシアの初期の中国研究者。

パルラディ」は修道名であり、俗名はピョートル・イヴァノヴィチ・カファロフ: Пётр Ива́нович Кафа́ров)である。正教会修道士は通例修道名のみで呼ばれるが、同名人物との区別が必要な際などに姓を表記される事があり、本項の記事名は修道名(パルラディ)と姓(カファロフ)から構成されている。

ピョートル・カファロフ(のちのパルラディ)はチストポリで正教会の司祭の家庭に生まれた。カザン神学校サンクトペテルブルク大学で学び、そこから中国で活動するロシア正教会伝道団に送られた。

イアキンフ・ビチュリンと同様、パルラディはロシア正教会の修道士であった。中国滞在中に、測り知れないほど貴重な多くの写本を発見し、出版した。その中には「元朝秘史」も含まれている。

30年以上に亘って、掌院パルラディはロシア正教会の中国伝道団をまとめ[1]、現地の民族学・言語学の研究を行った。1878年に病気のため帰国する途中でマルセイユで没し、ニースに埋葬された。

パルラディは「パルラディ・システム(Palladius system)」として知られる中国語キリル文字転写を考案した。この転写システムは、その後もずっと、ロシアで中国の人名・地名を公式に記述する際の基礎となっている。

掌院パルラディによって編纂された中露辞典は、こんにちでもなお、科学的著作としてよく知られている[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]