パルミラ文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パルミラ文字
類型: アブジャド
言語: アラム語パルミラ方言
親の文字体系:
Unicode範囲: U+10860-U+1087F
ISO 15924 コード: Palm
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。
パルミラ文字が刻まれた粘土板 ルーブル美術館所蔵

パルミラ文字(パルミラもじ、Palmyrene script)とは、現在のシリア東部にあった古代のオアシス都市パルミラにおいて用いられていた、アラム語の方言を表記するための文字である。アケメネス朝時代のアラム文字(帝国アラム文字)が曲線化した地方変種のひとつであり、右から左に書かれるアブジャドである。

概要[編集]

アケメネス朝崩壊後もアラム語とアラム文字は広い地域で使われ続けたが、紀元前250年ごろから地方ごとにさまざまな変種に分化した(ナバタイ文字マンダ文字ハトラ文字英語版など)[1]。これらの多くは筆記体的・曲線的な外観を持っていた。パルミラ文字もそのような文字のひとつで、奉納や名誉の記念、および関税の法勅を記した刻文が残っており、その多くはギリシア語との二言語で記されている[2]

いくつかの文字は判別が難しく、とくにDとRはまったく区別できなくなったため、2世紀中頃からRの上に点をつけるようになった[3]

解読[編集]

パルミラ文字は、史上最初に解読に成功した古代文字である。1754年[4]フランスジャン=ジャック・バルテルミは、パルミラ文字とギリシア文字の二言語碑文をもとにして、ギリシア文字の固有名詞(セプティミウスなど)に対応するパルミラ文字部分を元に音価を推定し、同定された文字を使って読むと、当時すでに知られていたシリア語ヘブライ語に似た言語として読めることを明らかにした[5][6]

Unicode[編集]

パルミラ文字は2014年のUnicode 7.0 で追加多言語面に追加された[7]

パルミラ文字[8]
  0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F
U+1086x 𐡠 𐡡 𐡢 𐡣 𐡤 𐡥 𐡦 𐡧 𐡨 𐡩 𐡪 𐡫 𐡬 𐡭 𐡮 𐡯
U+1087x 𐡰 𐡱 𐡲 𐡳 𐡴 𐡵 𐡶 𐡷 𐡸 𐡹 𐡺 𐡻 𐡼 𐡽 𐡾 𐡿

脚注[編集]

  1. ^ O'Connor (1996) pp.96-98
  2. ^ Kaufman (1997) p.116
  3. ^ 伴(1981) p.147
  4. ^ Daniels (1997) p.17。Daniels (1996, 2003) は1756年としているが誤りと思われる
  5. ^ Daniels (1996) p.145
  6. ^ Daniels (2003) p.77
  7. ^ Unicode 7.0.0, The Unicode Consortium, (2014-06-16), http://www.unicode.org/versions/Unicode7.0.0/ 
  8. ^ Palmyrene, The Unicode Consortium, http://www.unicode.org/charts/PDF/U10860.pdf 

参考文献[編集]

  • 伴康哉 「シリア文字の発展」『世界の文字』 西田龍雄大修館書店1981年、137-158頁。
  • Daniels, Peter T (1996). “Methods of Decipherment”. In Peter T. Daniels; William Bright. The World's Writing Systems. Oxford University Press. pp. 141-159. ISBN 0195079930. 
  • Daniels, Peter T (1997). “Scripts of Semitic Languages”. In Robert Hetzron. The Semitic Languages. Routledge. pp. 16-45. ISBN 9780415412667. 
  • Daniels, Peter T (2003) [2001]. “Writing Systems”. In Mark Aronoff; Janie Rees-Miller. The Handbook of Linguistics. Blackwell Publishers. pp. 43-80. ISBN 0631204970. 
  • Kaufman, Stephen A (1997). “Aramaic”. In Robert Hetzron. The Semitic Languages. Routledge. pp. 114-130. ISBN 9780415412667. 
  • O'Connor, M (1996). “Epigraphic Semitic Scripts”. In Peter T. Daniels; William Bright. The World's Writing Systems. Oxford University Press. pp. 88-107. ISBN 0195079930. 

関連項目[編集]