パルマロサグラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パルマロサグラス
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: イネ目 Poales
: イネ科 Poaceae
: オガルカヤ属 Cymbopogon
: パルマロサグラス
学名
Cymbopogon martini
(Roxb.)Will.Watson
シノニム
  • Cymbopogon martini (Roxb.) Wats.[1][2]
  • Andropogon martini Roxb.
  • Cymbopogon martinianus Schult.
  • Gymnanthelia martini (Roxb.) Andersson
  • Andropogon schoenanthus var. martini (Roxb.) Hook.f.
  • Andropogon pachnodes Trin.
  • Andropogon calamus-aromaticus Royle
  • Cymbopogon pachnodes (Trin.) Will.Watson
  • Cymbopogon martini var. sofia B.K.Gupta
  • Cymbopogon motia B.K.Gupta

パルマロサグラス(学名:Cymbopogon martini)はイネ科オガルカヤ属の種である。インドインドシナに自生するが、パルマローザ油と呼ばれる精油などを得るため栽培もされている。ローザ、ローザグラス、ジンジャーグラス、インディアンゼラニウムとも呼ばれる。

香りの成分としてゲラニオールが含まれ、精油として利用されるほか、伝統医療(駆虫薬)や、食糧庫の殺菌剤防虫剤に利用される[3][4]バラに似た香りがする為、石鹸や化粧品などに添加される[3]

出典[編集]

  1. ^ Kew World Checklist of Selected Plant Families
  2. ^ The International Plant Names Index
  3. ^ a b Duke, J. A. and J. duCellier. (1993). CRC Handbook of Alternative Cash Crops. Boca Raton: CRC Press. 214.
  4. ^ Kumaran, A. M.; D'souza, P; Agarwal, A; Bokkolla, RM; Balasubramaniam, M (2003). “Geraniol, the putative anthelmintic principle of Cymbopogon martinii”. Phytotherapy Research 17 (8): 957. doi:10.1002/ptr.1267. PMID 13680833.