パリノード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

パリノードパリノーディアー改詠詩palinode or palinody)とは、作者が前に詠んだで表明した見解や心情を撤回する頌歌のこと。

起源[編集]

最初にパリノードの詩を書いたと言われているのは、紀元前7世紀ステシコロスである。ステシコロスが取り消した前の詩は、トロイア戦争が起きたのはすべてヘレネー(ヘレン)の責任だという詩である。[1]

語源と応用[編集]

ギリシャ語παλιν(再び)+ ωδη(歌)。ラテン語で同じ意味の「recant」は完全な翻訳借用re(再び)+cant(歌う))。

「Palinode」という言葉は、さらにスコットランド低地(Scots law)の名誉毀損の主張の撤回にも使われる。

[編集]

チョーサーカンタベリー物語』の『チョーサーの撤回』がパリノードの代表的な例である。

中世の作家では、アウグスティヌスベーダ・ヴェネラビリスウェールズのジェラルドGerald of Wales)、ジャン・ド・マンJean de Meun)などがパリノードを作った。

ジェレット・バージェス(Gelett Burgess)は、その晩年、有名な自分の詩『Purple Cow』について、次のようなパリノードを書いた。

Ah, yes! I wrote the purple cow,
I’m sorry now I wrote it!
But I can tell you anyhow,
I’ll kill you if you quote it!
(大意「ああ、そうだ! 私は『Purple Cow』を書いた。今では書いたことを遺憾に思っている! それでも諸君にこうは言える。もし、諸君がそれを引用したら殺す!」)

オグデン・ナッシュOgden Nash)も有名な自作の詩『Reflections on Ice-Breaking』(Candy / is dandy / But liquor / is qucker。「キャンディはダンディだが、蒸留酒は効き目が早い」)についてのパリノードを書いた。

Nothing makes me sicker
than liquor
and candy
is too expandy
(大意「酒より私をむかつかせるものはないし、キャンディーはとてもexpandyだ」)

脚注[編集]

  1. ^ プラトン『パイドロス』