パリッタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

パリッタ: Paritta)とは、上座部仏教において、日常的に読誦される経典類の総称。

パリッタは、元々パーリ語で「防御」を意味するが、そこから転じてこうした意味に用いられるようになった。日本語では「護呪」と表現したりもする[1]

構成[編集]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]