パラナ (ロシア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パラナの町

パラナロシア語: Пала́наラテン文字転写の例:Palana)は、ロシア極東のカムチャツカ地方コリャーク管区の行政中心都市である。カムチャツカ半島の付け根付近、オホーツク海に面した半島西部の海岸から8kmほどパラナ川を遡った右岸(北岸)に位置する。人口はソ連崩壊前の1989年の国勢調査で4,343人、2002年の国勢調査で3,928人。

交通の手段には、パラナ旧空港とパラナ新空港があり、ペトロパブロフスク・カムチャツキーや管区内の村への飛行機やヘリコプターによる旅客便・貨物便が飛ぶ。また海岸部の港湾には、ペトロパブロフスク・カムチャツキー、ウラジオストクマガダンなどから食糧や燃料などの生活物資が輸送される。

パラナは、以前はコリャーク自治管区の州都であり、現在でも管区の社会的・政治的・文化的中心である。

外部リンク[編集]

座標: 北緯59度05分 東経159度56分 / 北緯59.083度 東経159.933度 / 59.083; 159.933