パラス・ビール・ビクラム・シャハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パラス・ビール・ビクラム・シャハ
पारस
称号 ネパール王国王太子
全名 パラス・ビール・ビクラム・シャハ・デーブ
出生 (1971-12-30) 1971年12月30日(47歳)
Flag of Nepal.svg ネパール王国カトマンズ
配偶者 ヒマーニ
子女
父親 ギャネンドラ
母親 コマル
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

パラス・ビール・ビクラム・シャハ・デーブネパール語: पारस वीर बिक्रम शाहदेव, ラテン文字転写: Paras Bir Bikram Shah Dev, 1971年12月30日 - )は、ネパール王国の元王太子

経歴[編集]

1971年12月30日ネパール国王マヘンドラの次男ギャネンドラとコマル妃の長男としてカトマンズに生まれる。

インドダージリンにあるセント・ジョセフ・カレッジ英語版とカトマンズのブダニカンタ寄宿学校英語版で初等教育を受け、アメリカ合衆国アイオワ州ルーサー・カレッジ英語版シラー国際大学英語版ロンドンキャンパスに進んで経済学を学んだが、学業を修了しなかった。

2000年1月25日ヒマーニ・ラージャ・ラクシュミー・デビー英語版と結婚、間に1男2女を儲けている。

2001年6月1日ネパール王族殺害事件の際には現場にいながら無傷で助かった。そのため、パラスに疑いの目を向けている国民も多い。この事件の結果、父ギャネンドラが即位すると、10月26日に立太子された。

2002年8月6日、人気歌手のプラヴィーン・グルン英語版を車ではねて死亡させ、なおかつその罪を他人になすりつけたとされる。それ以前にも死亡事故を起こしており、父王以上に国民に不人気である。父とは不仲であると伝えられている。

2005年7月愛・地球博出席のため、ヒマーニ王太子妃とともに訪日した。2006年4月29日にはまたもや交通事故を起こした。

2008年5月28日の王制廃止後の7月2日にはシンガポールに出国し、様々な憶測を呼んだ。また、2010年12月11日にはネパール南部チトワン郡のホテルにおいて発砲事件を起こし、逮捕・起訴された。

2012年10月に滞在先のプーケット県において薬物不法所持(大麻約3グラムを所持)の容疑でタイ警察に逮捕された。2014年7月16日にも滞在先のバンコクで大麻約13グラムを所持していた疑いで2度目の逮捕をされている[1]

出典[編集]

外部リンク[編集]