パティナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミネアポリス市庁舎の銅屋根、パティナで覆われている
2012–13年にパティナが除去され、作られたときと同じように見える像(撮影は2015年)

パティナ英語: Patina、発音: [ˈpætɪnə] もしくは [pəˈtnə])とは、物質が色あせ、摩耗し、錆びるなどの経年変化した様子である。日本語では、古色(こしょく)という。

青銅や似たような物質の酸化や化学的変化[1]、木製家具の経年・摩耗・摩擦による変化、皮革製品等の表層のうち、経年や曝露により変化を生じたものを言う。

考古学[1]地質学者・地形学者も、古い石器の経年具合や地層の露出状況に言及する際 patina という用語を使用する。

語源[編集]

Patinaは、ラテン語で「浅い皿」を意味する言葉から来た言葉である。

加工[編集]

美術修復、建築、模倣品レプリカの製作で、物理的・科学的に古色が施されることがある。こういった加工を「古色仕上げ英語版」という。

具体的には、物理的にダメージ加工を施したり、柿渋弁柄硝酸を塗布したり、ガンマー線照射などが行われる。

出典[編集]

  1. ^ a b European Geosciences Union. General Assembly; Přikryl, Richard; Smith, Bernard J.; Geological Society of London (2007). Building Stone Decay: From Diagnosis to Conservation. Geological Society. pp. 295–. ISBN 978-1-86239-218-2. https://books.google.com/books?id=_NS5PaO_LeQC&pg=PA295 2012年9月26日閲覧。 

参考文献[編集]

  • Angier, R.H. : Firearm Blueing and Browning, Onslow County 1936.
  • Fishlock, David : Metal Colouring, Teddington 1962.
  • Hiorns, Arthur (1907). Metal Colouring and Bronzing. London. https://archive.org/details/metalcolouringa00hiorgoog 
  • Hughes, Richard; Rowe, Michael. The Colouring, Bronzing and Patination of Metals. London: Thames & Hudson Ltd. ISBN 0-500-01501-5 
  • LaNiece, Susan; Craddock, Paul : Metal Plating and Patination: Cultural, Technical and Historical Developments, Boston 1993.
  • Pergoli Camopanelli, A. : The value of patinaon the antiques market – Affinities and relationships between conservation theories and buyers' taste: NEWS IN CONSERVATION, (31), 2012.
  • Sugimori,E. : Japanese patinas, Brunswick 2004.

関連項目[編集]