パウリーネ・フォン・ザーガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ホーエンツォレルン=ヘヒンゲン侯妃パウリーネ

ルイーゼ・パウリーネ・マリア・ビロン・フォン・ザーガン・ウント・クールラント(Luise Pauline Maria Biron von Sagan und Kurland, 1782年2月19日 ミタウ - 1845年1月8日 ウィーン)は、バルト・ドイツ人の貴族女性。ホーエンツォレルン=ヘヒンゲン侯フリードリヒの妃、ザーガン女公。

生涯[編集]

パウリーネは最後のクールラント公ペーター・フォン・ビロンと、その三番目の妻ドロテア・フォン・メデムとのあいだに次女として生まれた。父は1795年にクールラントをロシア帝国政府に売却し、買い取ったシュレージエンザーガン公爵領に家族を連れて移住した。1800年2月26日、パウリーネはプラハでホーエンツォレルン=ヘヒンゲン侯フリードリヒと結婚したが、夫と一緒に生活することはほとんどなかった。パウリーネが結婚してまもなく父が亡くなると、姉のヴィルヘルミーネがザーガン公爵領およびボヘミアのナーホト荘園を相続した。一番下の妹ドロテアは1809年、フランスの政治家タレーランの甥エドモン・ド・タレーラン=ペリゴール伯爵と結婚した。

パウリーネと夫フリードリヒは、結婚後およそ1年間はベルリンのクールラント宮殿で暮らした。しかし夫妻は1805年に離婚することになる。パウリーネが姉ヴィルヘルミーネの夫でフランス人亡命貴族のルイ・ド・ロアン=ゲメネー公爵(1766年 - 1844年)と不倫関係に陥り、彼とのあいだに婚外子を産んだのである。夫と離婚した結果、パウリーネは1801年に夫とのあいだにもうけた息子コンスタンティンと引き離された。

姉妹たちと同じく、パウリーネはウィーン会議の開催中に大きな醜聞を引き起こした。色恋の相手はイギリス国王ジョージ2世の庶出の孫ルートヴィヒ・フォン・ヴァルモーデン=ギンボルン伯爵であった。パウリーネのヴァルモーデン伯爵に対する激しい執着ぶりは、同時代人たちからは狂気の沙汰と非難された。

1839年に姉ヴィルヘルミーネが死ぬとパウリーネはザーガン女公の座を引き継ぎ、同時にホルシュタイン(スカワ)、ネトカウ(ニェトクフ)、ローテンブルク(チェルヴィエンスク)の荘園をも手に入れた。彼女はこれらの領地を自分の息子コンスタンティンに相続させることを決めた。ザーガン公爵領に関しては売買協定を結び、末の妹ドロテアに譲ることにした。晩年、パウリーネはウィーンですぐ下の妹ヨハンナと一緒に暮らし、1845年に亡くなった。

子女[編集]

夫フリードリヒとのあいだに息子を1人もうけた。

モンブラゾン公爵およびブイヨン公爵ルイ・ド・ロアン・ゲメネーとのあいだに庶出の娘を1人もうけた。

  • マリー・ヴィルソン・フォン・シュタイナッハ(1805年 - 1893年)…1829年、ファビアン・フォン・ドーナ=シュロディエン伯爵と結婚
爵位・家督
先代:
ヴィルヘルミーネ・フォン・ビロン
ザーガン女公
1839年 - 1845年
次代:
ドロテア・フォン・ビロン