バック・オーウェンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バック・オーウェンス
Buck Owens.jpg
Warner Brothers Records publicity photo, 1977
基本情報
出生名 アルヴィス・エドガー・オーウェンス・ジュニア
Alvis Edgar Owens, Jr.
生誕 (1929-08-12) 1929年8月12日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州シャーマン
死没 (2006-03-25) 2006年3月25日(76歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ベーカーズフィールド
ジャンル カントリーベーカーズフィールド・サウンド英語版
職業 歌手、バンド・リーダー、作詞作曲家
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 1945年 - 2006年
レーベル キャピトル・レコードサンデイズド・レコード英語版
共同作業者 The Buckaroos英語版Susan Raye英語版Rose Maddox英語版ドワイト・ヨアカムRoy Clark英語版
公式サイト Owens' Web site

バック・オーウェンス: Alvis Edgar "Buck" Owens, Jr.1929年8月12日 - 2006年3月25日)は、アメリカ合衆国歌手ミュージシャン作詞作曲家ベーカーズフィールド・サウンド英語版の創始者である。ビルボードカントリー・チャートでナンバー1を21曲獲得した。

生い立ち[編集]

1929年にテキサス州シャーマンのオーウェンス農場で生まれる。バックという名は農場にいたロバの名で、4歳の頃、自分でバックと名乗った[1]1937年ダストボウルと大恐慌の最中に一家はアリゾナ州メサへ引っ越した[2]

経歴[編集]

1945年、オーウェンスはレイ・ブリテンと共に15分のラジオ番組「Buck and Britt」で司会をしていたが、すぐにカリフォルニアのトラック運転手に転職し、1951年に妻と共にベーカーズフィールドへ引っ越した[3]。その頃からすでに音楽の仕事を始め、キャピトル・レコードトミー・コリンズ英語版ワンダ・ジャクソン英語版テネシー・アーニー・フォード英語版などのギターを務める売れっ子ギタリストになっていた。

その後、ペップ・レーベルでロカビリー「ホット・ドッグ」をコーキー・ジョーンズ名義で発売した。名義を変更した理由は、カントリーをやりたかったオーウェンスにとって、ロカビリーを発表することはキャリアに傷が付くと考えていたためであった[4]

2番目の妻とワシントン州に移り、ダスティ・ローズのバンドでギター兼ボーカルを務める。1957年、キャピトル・レコードと契約。

1958年、ワシントン州タコマで後に相棒となるドン・リッチ英語版と出会う。リッチのフィドル演奏を聴いた彼はすぐに声をかけ、2人の演奏は地元で評判を呼んだ。

1959年、2人が協演したシングル、「セカンド・フィドル」は好評を博し、ビルボードのカントリー・チャートで24位になった。同年、ダスティ・ローズとの共作「アンダー・ユア・スペル・アゲイン」が4位になり、キャピトルはオーウェンスにベーカーズフィールドへ戻るように要請した。オーウェンスはリッチにも付いて来るように説得したが、リッチはセントレーリア大学英語版へ進むことを望んでおり、オーウェンスの願いは叶わなかった。

1960年、シングル「アバヴ・アンド・ビヨンド」がチャート3位にランクインした。B面はローズと共作の「ティル・ジーズ・ドリームズ・カム・トゥルー」であった。同年11月、リッチが大学を中退し、オーウェンスのバンドに加わる決心をし、ベーカーズフィールドへ引っ越した。

1963年、「アクト・ナチュラリー」がナンバー1を獲得する。最初、オーウェンスはこの曲を気に入らず、録音することを躊躇していたが、リッチが気に入り、オーウェンスを説得して録音された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ buckowens.com”. 2006年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月9日閲覧。
  2. ^ About Buck Owens”. 2017年4月9日閲覧。
  3. ^ キャサリン・バーク (2008-01). Buck. BookSurge Publishing. p. 24. ISBN 978-1419683985. 
  4. ^ キャサリン・バーク (2008-01). Buck. BookSurge Publishing. p. 44. ISBN 978-1419683985.