バイブレータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
携帯電話のバイブレータ用小型モーター。軸に半月形の重りが取り付けてある。

バイブレータ: vibrator)とは、連続または断続した一定の振動を生む機械や機材。バイブレーターと呼ぶことも、また略して単にバイブと呼ぶこともある。

概要[編集]

一般的な構造はモーターの軸に重心を偏らせた錘(偏心錘)を取り付けた構造のもので、モーターを回転させることで回転軸が振動し、得られた振動を利用する。その他、振動の発生方法にはクランクばねを用い共振させる方法や、電磁石交流電源を与え周期的な吸引・反発力を利用するものがある。バイブレーターは機械の構成要素として振動を利用する機械の振動源として用いられ、粉体や粒体の搬送・ふるい分け・締固め・ほぐし出しに用いられる。機械の一要素として使用する場合は、振動を与える部位を浮かせる部位を別途ばねまたは防振ゴムを用いて機械の固定部から浮かせる必要がある。任意の加速度を持つ振動を物体に与える装置は特に加振機もしくは振動試験機と呼ぶ。

分類[編集]

  • 機械の構成要素としてでないバイブレーターとしては、用途・目的別に、主として以下のような分類がある。
    1. 小型モーターの軸に直接偏心した錘を付け、筐体を振動させるもの。携帯電話無線呼出にて振動により着信を伝える場合に使われる。また主に聴覚障害者向けの目覚し時計として振動により時間を知らせる用途や、テレビゲーム機コントローラーの中に装備して振動によりゲームの臨場感を出したりする場合にも使われる。
    2. コンクリートを打設する際に振動を与えて充填(締固め)を促す電動工具。ホースまたはパイプ部分の中に偏心軸が仕込んであり、打設時に生コンクリート内に突き刺して使用する。型枠の外に取り付けて使用するタイプのものや、打設面仕上げ用に平たい板を細かく振動させるものもある。コンクリート工#施工も参照のこと。

モーターに偏心軸が付いていて乾電池の力により振動する構造は同じだが、性具については「バイブレータ (性具)」を参照のこと。

派生的用法[編集]