バイエルン人とカランタニア人の改宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バイエルン人とカランタニア人の改宗』(ラテン語Conversio Bagoariorum et Carantanorumドイツ語: Bekehrung der Baiern und Karantanen)は、870年代ザルツブルクで著されたラテン語歴史書バイエルンキリスト教を布教し、聖ペーター僧院教会を開いた初代ザルツブルク司教聖ルーペルト(710年死去)の生涯を記し、最後にカランタニアの略史を語っている。

著者は当時のザルツブルク司教アダルウィンと考えられている。当時東ローマ帝国キュリロスメトディオスによって大モラヴィアパンノニアスラヴ人スラヴ語典礼によるキリスト教布教が行われており、ラテン語典礼のみを認めるアダルウィンらドイツ人聖職者と対立していた。アダルウィンは東フランク王ルートヴィヒ2世に『バイエルン人カランタニア人の改宗』を献上し、歴史的側面からラテン語典礼派とスラヴ語典礼派の対立を解説し、王を前者の後ろ盾としようとしたものと見られている。

再版[編集]

  • Wolfram, Herwig, ed (1979). Conversio Bagoariorum et Carantanorum. Vienna: Böhlau 
  • Bartoňková, Dagmar, ed. (1969). "Libellus de conversione Bagoariorum et Carantanorum (i.e. Conversio)". Magnae Moraviae fontes historici III. Prague: Statni pedagogicke nakl.

参考文献[編集]

  • Lošek, Fritz (1997). Die Conversio Bagoariorum et Carantanorum und der Brief des Erzbischofs Theotmar von Salzburg. MGH Studien und Texte. 15. Hannover 
  • Lošek, Fritz (1985). "Philologisches zur Conversio Bagoariorum et Carantanorum". In Herwig Wolfram; Andreas Schwarcz; Herwig Friesinger; Falko Daim (eds.). Die Bayern und ihre Nachbarn. Berichte des Symposions der Kommission für Frühmittelalterforschung. 1. Vienna. pp. 255–68.
  • Nótári, Tamás (2005). Források Salzburg kora középkori történetéből (Sources of the History of Salzburg in the Early Middle Ages). Szeged: Lectum Kiadó. ISBN 963-86649-6-7  Hungarian.
  • Nótári, Tamás (2000). “Conversio Bagoariorum et Carantanorum”. Aetas 15.3: 93–111. 
  • Wolfram, Herwig (1995). Salzburg, Bayern, Österreich. Die Conversio Bagoariorum et Carantanorum und die Quellen ihrer Zeit. Mitteilungen des Instituts für Österreichische Geschichtsforschung. 31. Vienna and Munich 

関連項目[編集]