ハールーン・イブン・クマラワイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハールーン・イブン・クマラワイ
هارون بن خمارويه
トゥールーン朝アミール
Gold dinar of Harun ibn Khumarawayh.jpg
896/7年にアレッポで鋳造された、ハールーンの名が刻まれたディナール金貨
在位 896年 - 904年
死去 904年12月30日
父親 フマーラワイフ
テンプレートを表示

ハールーン・イブン・クマラワイアラビア語: هارون بن خمارويه‎、英語: Harun ibn Khumarawayh、生年不詳 - 904年12月30日)は、トゥールーン朝の第4代アミール(在位:896年 - 904年)。

生涯[編集]

暗殺された兄のアブー・アサーキリ・ジャイシュの跡を継ぎ即位した。政務をワズィールアブー・ジャファール・イブン・アリーに任せ、奢侈に満ちた生活を送った。そのため国家の危機を招き、財政難に陥った。一方で、軍の指導者たちは次第に力を蓄え始めた。

904年アッバース朝は、この情勢に乗じてトゥールーン朝支配下のシリアに侵入した。トゥールーン朝軍は戦いを放棄してアッバース朝軍のナイル河谷侵入を許した。ハールーンは軍の反乱により殺害され、叔父のシャイバーン・イブン=アフマドが後を継いで間もなくトゥールーン朝は滅亡した。

先代:
アブー・アサーキリ・ジャイシュ
トゥールーン朝アミール
第4代
896年 - 904年
次代:
シャイバーン・イブン=アフマド