シャイバーン・イブン・アフマド・イブン・トゥールーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シャイバーン・イブン・アフマド・イブン・トゥールーン
أبو المناقب شيبان أحمد بن طولون
トゥールーン朝アミール
在位 904年 - 905年
父親 アフマド・イブン・トゥールーン
テンプレートを表示

シャイバーン・イブン・アフマド・イブン・トゥールーンアラビア語: أبو المناقب شيبان أحمد بن طولون‎、英語: Shayban ibn Ahmad ibn Tulun)は、トゥールーン朝の第5代にして最後のアミール(在位:904年 - 905年)。

トゥールーン朝の創始者アフマド・イブン・トゥールーンの息子で、アッバース朝の侵入による混乱の中で暗殺された甥のハールーン・イブン・クマラワイの跡を継ぎ即位した。

失政の後、905年1月10日フスタートへと追われた後、アッバース朝の将軍ムハンマド・イブン・スレイマンに無条件降伏、トゥールーン朝は滅亡した。

先代:
ハールーン・イブン・クマラワイ
トゥールーン朝アミール
第5代
904年 - 905年
次代:
(滅亡)