ハンス=ユルゲン・フォン・ボーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ハンス=ユルゲン・フォン・ボーゼ(Hans-Jürgen von Bose, 1953年 - )は、ドイツ現代音楽作曲家

略歴[編集]

名門の家に生まれる。ヴォルフガング・リームと並んで新ロマン主義の旗手と目されており、リームよりも早く舞台作品「Blutbund (Ramon del Valle-Inclan)」を21歳で脱稿するなど世界的に見ても早熟であった。このほか室内楽やオーケストラ作品などの伝統的なメディアにも彼の手腕はいかんなく発揮されており、舞台作品「若きウェルテルの悩み」で同世代のスターに躍り出た。日本への紹介は比較的早く、1992年に日独現代音楽交流会で彼の特集が京都ドイツ文化センターで組まれていたが、インフルエンザを発症したため来日できなかったことがある。

その後、ダルムシュタット夏季現代音楽講習会ヘルムート・ラッヘンマンヴァルター・ツィンマーマンなどのシュトゥットガルトベルリンの学閥がドイツで優勢になると前衛のメッカのダルムシュタットから即座に離れ、比較的穏健な書式を好むミュンヘンを拠点として精力的にオペラ作品を発表していたことで知られている。本人は「網化された時間」と音楽構造の複雑化を力説しているが、実際の彼の音楽の密度は平均的で、旋律和声の発見はむしろ容易で全体的には静謐な音楽である。

現在、ボーゼの住まいはミュンヘンに近いツォルネディングである。作品の多くはショット社から出版されている。

教育[編集]

比較的近年にエリザベート王妃国際音楽コンクールで作曲部門の優勝を果たした Jeon Minjeが彼の弟子である。そのほかモーリッツ・エッゲルトほかをはじめとして彼の教えを受けた弟子は多い。かつてはモーツァルテウムでも教鞭をとっており、2015年5月までミュンヘン音楽・演劇大学の教授であった。

スキャンダル[編集]

2016年7月に、教え子の女性を地下室に監禁し、非常識的な性行為を強要した強姦容疑で警察に逮捕・起訴された。強姦の総時間数は13時間であると警察が発表した。2015年5月には学長によりミュンヘン音楽・演劇大学を正式に解雇されており、その際の強姦疑惑とは別の21歳の女性が地下室に監禁されていたことも判明した。警察は2015年当時の容疑に基づくもので逮捕状を取っており、2016年7月に偶然発見された女子生徒について警察は把握していなかった。このほか、常習していたコカインが発見されており、拳銃の所持も明らかになっている[1][2][3][4][5][6][7][8][9]

また、ボーゼ作品の有力な演奏家であったピアニスト兼音楽学者のジークフリート・マウザー[10]に共犯容疑がかけられ、実刑はかろうじて免れたものの、15か月の執行猶予と25000ユーロの罰金刑を言い渡された。マウザーはミュンヘン音楽・演劇大学の教授職に加え、モーツァルテウムの学長を2014年から務めていたが、2016年6月時点で両方とも退職している。

ボーゼの妻は警察の摘発の1日前に、ボーゼの公式ウェブサイトでオペラ公演およびボーゼの健康維持のためのカンパを募っており、無関心を貫いていた。強姦に及んだ女子生徒の数は少なくとも29人と『南ドイツ新聞』は発表している。

主要作品[編集]

声楽作品[編集]

  • Three Songs für Tenor und Kammerorchester. (1977)
  • Symphonisches Fragment (Hölderlin) (1979/80)
  • Guarda el canto (Miguel Angel Bustos) – Vier Fragmente in drei Sätzen für Sopran und Streichquartett. (1981)
  • Sappho-Gesänge für Mezzosopran und Kammerorchester. (1983)
  • Sonnet XLII für Bariton und Streichquartett (Shakespeare, 1985)
  • Fünf Kinderreime – aus „Des Knaben Wunderhorn“ für Alt und fünf Instrumente. (1985)
  • ...im Wind gesprochen – Geistliche Musik für Sopran-Solo, zwei Sprecher. (1985)
  • Omega – Fünf Gedichte von Federico Garcia Lorca für Mezzosopran und Klavier. (1986)
  • Todesfuge – Mixed Choir with Baritone solo and Organ. (1989)
  • Love after Love – (D.Walcott) für Sopran und Orchester. (1990/91)
  • Der Ausflug ins Gebirge – Franz Kafka; für Countertenor und Klavier. (2005)
  • Kafka-Zyklus für Countertenor und Cello, Aribert Reimann zum 70.Geburtstag gewidmet. (2006)
  • Lamento und Dithyrambus (I.Bachmann) für Countertenor, Keyboard, Klavier und Röhrenglocken, Hans-Werner Henze zum 80.Geburtstag gewidmet. (2006)
  • Bernhard-Zyklus – Drei Lieder nach Gedichten von Thomas Bernhard für Sopran und Klavier. (2006)
  • Invocationes Zyklus für Countertenor und Orgel. (2008)

舞台作品[編集]

  • Blutbund (Ramon del Valle-Inclan) – Oper 1 Akt. (komp. 1974)
  • Die Nacht aus Blei – kinetische Handlung in sechs Bildern nach Hans Henny Jahnn. (komp. 1981)
  • Chimäre – Musikalische Szene von Federico Garcia Lorca. (1986)
  • Die Leiden des jungen Werthers – Lyrische Szenen in zwei Teilen und einem Intermezzo. (komp. 1987/88)
  • Werther-Szenen – Ballett in zwei Teilen und einem Zwischenspiel. (komp. 1988)
  • 63:Dream Palace – Oper nach einer Novelle vom James Purdy. (komp. 1989/ UA: 6. Mai 1990, Münchener Biennale)
  • Medea Fragment – Musiktheater nach Hans Henny Jahnn. (komp. 1993)
  • Schlachthof V – Oper, Libretto vom Komponisten nach Kurt Vonnegut. (komp. 1995)
  • K-Projekt 12/14 – Musiktheater nach Kafkas „Die Verwandlung“. (2002)
  • Verkehr mit Gespenstern – Musiktheater nach Texten und Fragmenten von Franz Kafka. (2012)

オーケストラ作品[編集]

  • Morphogenisis für großes Orchester. (1975)
  • Travesties in a Sad Landscape – Variationen für Kammerorchester. (1978)
  • Musik für ein Haus voll Zeit für großes Kammerorchester. (1978)
  • Idyllen – zum 100-jährigen Jubiläum der Berliner Symphoniker. (1982/83)
  • Symbolum für Orgel und Orchester. (1985)
  • Labyrinth 1 für großes Orchester. (1987)
  • Concertino per il H.W.H für Kammerorchester. (1991)

室内楽作品[編集]

  • 1. Streichquartett. (1973)
  • 2. Streichquartett. (1976/77)
  • Streichtrio. (1978)
  • Drei Epitaphe für Bläsersextett. (1987)
  • Musik für Cello solo. (2002)
  • Musik für K. für Violine, Violoncello und Klavier. (2002)
  • Streichtrio – Auftragswerk der bayerischen Staatsoper zum 80.Geburtstag von Hans-Werner Henze. (2006)

ピアノ作品[編集]

  • 3 kleine Klavierstücke. (1982)
  • Labyrinth II. (1987)
  • origami – 2 Episoden für Klavier, 4-händig. (1991)

ディスコグラフィー[編集]

  • Deutscher Musikrat: Edition Zeitgenössische Musik - Hans-Jürgen von Bose; Wergo
  • Nacht aus Blei / Sappho-Gesänge - Hans-Jürgen von Bose; Wergo

そのほかの音源[編集]

著作[編集]

  • Suche nach einem neuen Schönheitsideal. In: E. Thomas: Ferienkurse ’78. (= Darmstädter Beiträge zur Neuen Musik 17.)
  • Mit Zeitsprüngen wider die Langeweile. Schlachthof 5: Plädoyer für die moderne Oper. In: Hanspeter Krellmann, Jürgen Schläder (Hrsg.): Theater ist ein Traumort. Opern des 20. Jahrhunderts von Janacek bis Widmann. Berlin 2005, S. 350–354.

受賞歴[編集]

  • ヒッツァッカー国際作曲賞第1位
  • ヴィラ・マッシモ滞在
  • Deutscher Kritikerpreis (1981)
  • Hessischer Kulturpreis (1983)
  • Schneider-Schott-Musikpreis Mainz (1988)
  • Förderpreis des Siemens Musikpreises (1994)
  • Preis der Christoph-und-Stephan-Kaske-Stiftung für die Anerkennung der pädagogischen Verdienste Boses (1998)

参考文献[編集]

  • Siegfried Mauser: Hans-Jürgen von Bose. Edition text + kritik, München 2002.
  • S. Schibli: Der Komponist Hans-Jürgen von Bose und seine neuesten Kompositionen. In: Neue Zeitschrift für Musik, 7/8, 1988, S. 30–39.
  • Aribert Reimann: Zum Beispiel von Bose. In: Neue Zeitschrift für Musik, 7/8, 1988, S. 32–39.
  • Florian Hauser: Augenblicke oder: Zeit ist relativ. Einige Gedanken über Vonneguts Billy Pilgrim. In: Hanspeter Krellmann, Jürgen Schläder (Hrsg.): Theater ist ein Traumort. Opern des 20. Jahrhunderts von Janacek bis Widmann. Berlin 2005, S. 355–358.

脚注[編集]

  1. ^ sputniknews
  2. ^ dailymail
  3. ^ over.24.hu
  4. ^ www.tx.de プライバシー保護のため、ここだけが仮名で報道。
  5. ^ Bild
  6. ^ slippedisc
  7. ^ www.focus.de
  8. ^ www.abendzeitung-muenchen.de
  9. ^ sueddeutsche
  10. ^ sputniknewsで報道された「他の男性」とはマウザーのことである。

外部リンク[編集]