ハンス・ヨアヒム・ヘスポス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハンス・ヨアヒム・ヘスポスは、ドイツ現代音楽作曲家1938年生まれ。UMACの設立者。

略歴[編集]

1967年にガウデアムス大賞を取ってデビュー後、その極端な作風を室内楽作品で確立する。活動初期から「...hespos edition...」と銘打った自費出版で作品を流通させている。またFM公共放送ラジオ・ブレーメンなどの現代音楽のオルガニゼーションなどを専門に手がけており、世界中からミニチュア作品などを集めてライブで放送させている。教師としては時々ダルムシュタットに出ているほか、ドイツロストック音楽大学アドリアーナ・ヘルツキーと教えていたこともある。

作風[編集]

当初は通常の現代音楽における特殊奏法の枠内で作品を書き続けていたが、次第に逸脱し、ライブで打楽器奏者が金属を溶断する、コンテナの中に演奏家が詰め込まれる、意味が読み取れない人造言語を連呼するなど、現代音楽の常識を塗り替える作品で注目される。

協奏作品がほとんどなく、目立つのは声楽を含んだ作品の数である。奇抜な編成の作品が多かったが、最近はややおとなしい。一音ごとに極端な特殊奏法が要求されるため、インストラクションが常識では考えられないほど膨大なのも特徴の一つである。これだけ極端な要求が苛烈であるにもかかわらず、ヨーロッパに支持者は多い。音響以外の動作などの視覚的様子も「音楽」組込む考え方の作曲家である。

後年に入って舞台作品を多く手がけることになるが、極端な静寂と激高するテクスチュアの対比は衰えていない。

日本における受容[編集]

日本への初紹介は比較的早く、竹前文子が「パリンプセスト」を手がけている。また、角田祐子が本人より作品(YUKO POEM1)を献呈されていることで知られている。

外部リンク[編集]

公式サイト