ハンス・クリスチャン・ロンビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハンス・クリスチャン・ロンビ
Hans Christian Lumbye
Hans Christian Lumbye.gif
基本情報
別名 北国のヨハン・シュトラウス
生誕 1810年5月2日
死没 (1874-03-20) 1874年3月20日(満63歳没)
ジャンル 舞曲
職業 作曲家

ハンス・クリスチャン・ロンビデンマーク語: Hans Christian Lumbye, 1810年5月2日 - 1874年3月20日)は、デンマーク舞曲作曲家。姓は「ロンビー」「ロンビュー」「ルンビー」とも。オーケストラのためのワルツポルカマズルカギャロップを残し、「北国のヨハン・シュトラウス」の異名をとる。

生涯[編集]

1820年代ヴァイオリン奏者やトランペット奏者として活動を始めるが、1839年ウィーンヨーゼフ・ランナーヨハン・シュトラウス1世の作品に接して感銘を受け、それ以降は彼らに倣った舞曲の作曲家に転向した。

1843年から1872年までチボリ公園の楽長ならびに専属作曲家を務める。国内での人気は高く、コペンハーゲンの住民はロンビを尊敬するあまりに、ヨハン・シュトラウス2世のことを「南のロンビ」と呼ぶほどであった。

作品[編集]

ロンビは、軽音楽の作曲家としてとりわけ有名であり、その多くは、音楽外の要素の描写を含んでいる。『シャンパン・ギャロップ』は「シャンパンコルクを抜いたときのはじけた音」に始まり、『コペンハーゲン蒸気機関車のギャロップ』は、列車が駅から走り出して次の駅に停車するまでを忠実に音楽的に再現している。

家族[編集]

一族の家系図。ハンス・クリスチャン以降、多くの音楽家が出た

シュトラウス家と同様、ハンス・クリスチャンの子孫には多くの音楽家がいる。

カール・クリスチャン・ロンビ 
ゲオルク・アウグスト・ロンビ 
ゲオルク・フベア 

外部リンク[編集]