ハリケーンアワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハリケーンアワー
Hours
監督 エリック・ハイセラー
脚本 エリック・ハイセラー
製作 ピーター・サフラン
製作総指揮 ポール・ウォーカー
ダン・クリフトン
ケヴィン・フレイクス
ケン・ヒアッシュ
出演者 ポール・ウォーカー
ジェネシス・ロドリゲス
音楽 ベンジャミン・ウォルフィッシュ
撮影 ジャロン・プレサント
編集 サム・バウアー
配給 アメリカ合衆国の旗 Pantelion Films
日本の旗 日活/AMGエンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年5月10日
サウス・バイ・サウスウエスト
アメリカ合衆国の旗 2013年12月13日
日本の旗 2014年2月15日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $783,997[1]
テンプレートを表示

ハリケーンアワー』(原題: Hours)は、2013年アメリカ合衆国で制作されたスリラー映画。2005年に実際にアメリカ合衆国東部を襲った巨大ハリケーンカトリーナ」を題材にしている。アメリカ合衆国での公開を目前に控えた2013年11月30日、主演と製作総指揮を務めたポール・ウォーカーは交通事故によって突然この世を去ってしまい、彼の死後に劇場公開がなされた。

ストーリー[編集]

2005年アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ。巨大ハリケーンカトリーナ」の接近により、都市の機能は完全に麻痺し、街は暴徒による略奪が横行する混乱状態に陥っていた。ちょうどその頃、病院に搬送された妊婦のアビゲイルは、我が子の出産と引き換えに命を落としてしまう。彼女の夫であるノーランは悲しみに打ちひしがれるが、産まれた赤ん坊未熟児人工呼吸器を最低でも48時間は手放すことができないと医師から宣告される。だが、いよいよハリケーンの脅威は病院にまで迫り、ついには病院内全ての電気が停止し、補助電源まで使えなくなってしまう。医師や看護師は避難を開始するが、人工呼吸器が必要な我が子を移動させることも見捨てることもできない父ノーランは、赤ん坊とともに病院に残ることを選択する。病院内を探し、なんとか手動の発電機を確保したノーランだったが、保育器のバッテリーは充電しても3分しか持たず、充電するたびに持続時間も減ってしまう。ノーランは我が子の命を守りながら、ハリケーンの脅威や略奪に来た暴徒と戦い、救助を呼ぼうと必死で努力を続けるのだが・・・

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ノーラン・ヘイズ ポール・ウォーカー 阪口周平
アビガイル・ヘイズ ジェネシス・ロドリゲス 松井菜桜子

参考文献[編集]

外部リンク[編集]