ハラルド・モルトケ氷河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハラルド・モルトケ氷河: Harald Moltke Glacier)は、グリーンランドの北西に位置する氷河である。チューレ空軍基地の北に位置する。クヌート・ラスムッセン氷河サリスベリー氷河チャンパーリン氷河と並び、世界で最も多量の氷を生み出す氷河と呼ばれている。

ハラルド・モルトケ氷河は、5キロメートルの長さがあり、1500メートルの幅がある。

デンマーク出身の探検家ハラルド・モルトケに因み名付けられた。