ハメンクブウォノ8世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハメンクブウォノ8世

ハメンクブウォノ8世(Hamengku Buwono VIII、1880年3月3日 - 1939年10月22日)は、ジョクジャカルタの8代目スルタンで、1921年2月8日より1939年10月22日に59歳で病没するまで君臨した。後は子のハメンクブウォノ9世が継いだ。

皇太子(のちのハメンクブウォノ9世)を宗主国オランダの大学に留学させた。また、彼の時代に宮殿の多くの建物が修築された。