ハイ・バ・チュンの反乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハイ・バ・チュンの反乱
伏波山.JPG
桂林市伏波山にある馬援の銅像
40年43年(反乱)
42年43年(漢軍の遠征)
場所ベトナム北部
結果 漢軍の決定的勝利
衝突した勢力
後漢 百越
指揮官
馬援 徴側、徴弐(チュン姉妹)
戦力
10,000人

ハイ・バ・チュンの反乱(ハイ・バ・チュンのはんらん)、ないし、チュン姉妹の反乱(チュンしまいのはんらん)とは、西暦40年から43年にかけて後漢)の南部で起こった内乱である。40年に、ベトナム人百越)の指導者であった徴側とその妹である徴弐が、交趾郡(現在のベトナム北部)に置かれていた漢の交阯太守に反旗を翻した。42年、漢は、徴姉妹による百越の反乱を鎮圧すべく、馬援を将軍として派遣した。43年、漢軍は反乱を完全に鎮圧し、事態を収拾した。徴姉妹は捕らえられ、漢軍によって斬首された。

背景[編集]

40年3月[1]、徴側と徴弐の徴姉妹(チュン姉妹)は、百越の人々を率いて、漢に対する蜂起を起こした[1][2]。交阯太守だった蘇定中国語版南海郡に逃げ延びた[3]

この反乱は、紅河デルタで始まったが、程なくして他の百越の部族にも海岸沿いに南北へと広がっていった[1]。この反乱を支持した町や集落は67カ所に上った[2]。徴側は自ら女王として「徴王」と称した[1][4]。彼女は農村部では支配を確立できたものの、城塞化された都市を奪取することはできなかった[1]

経緯[編集]

洛陽にあった漢の政府は、事態の展開にゆっくりとしか対処しなかった[1]42年の5月ないし6月に至り、光武帝は軍事行動を起こすよう命令を発した[1]馬援将軍が反乱の鎮圧にあたる司令官となった[1]。馬援には、「伏波将軍」(「波を鎮める将軍」の意)という称号が与えられた[1]

馬援とその麾下の武将たちは、中国南部で兵士を動員した[1]。軍勢は1万人ほどの規模となった[2]。馬援は、広東から補給のための艦隊を海岸に沿って派遣した[1]

軍勢は陸路で難所を越えて紅河デルタに向かい、43年のはじめに到着した[1]。反乱側は、4月ないし5月には完全に鎮圧された[1]徴姉妹は捕えられ、斬首された[1][2]。43年末には、反乱の残党の掃討も終わり、漢軍はこの地域を完全に掌握した[1]

その後[編集]

馬援将軍は、現地の人々の文化や習俗の徹底的な中国化を推し進めて、部族的な特徴を取り除き、漢の統治がやりやすくなるよう仕向けた[1]。馬援は、百越の部族長たちの権威の象徴であった銅製の太鼓を融かして、馬の銅像を作らせ、44年秋に洛陽へ凱旋した際に、これを光武帝に献上した[1]

評価[編集]

反乱が敗北した理由のひとつには、女性の指導者の下では勝てるわけがないと当の反乱者たち自身が思い込んでいたことがあった[5]。女性が指揮する立場にあったことは歴史的なベトナム語文献の中で、反乱の敗北の理由としてしばしば槍玉に挙げられることになった[6]。ベトナム人の歴史家たちは、嫌悪の対象ですらある「ただの小娘たち」が反乱の旗を翻したときに、男たちが何もしなかったことを訝り、嘲笑してきたが、徴姉妹の反乱に言及したベトナム語の詩が、男たちが何もしなかったことについて語っているのも、しばしば誤って解釈されるように、女性を賛美したり、戦いを女性の仕事だと考えて綴られたわけではない[7][8]

「敵が門前に迫れば、女が外へ出て戦う」と訳される詩句は、女性のたしなみを表した語句としてしばしば引かれる[9]。ベトナム語で「giac den nha, dan ba cung danh」というこの語句が実際に意味しているところは、戦争で戦うのは女性にはふさわしくないのであって、事態が絶望的に悪化して家庭に及ぶまでになった時しか女性は戦いに加わるべきではない、ということである[10][11]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Bielestein 1987, 271.
  2. ^ a b c d Yü 1987, 454.
  3. ^ 《越南歴史》,60頁:「蘇定丢掉了城池、印信,剃光了頭,刮去了鬍鬚,潜逃回南海(広東)。」ただし、これはベトナム側の《越史略》、《大越史記全書》、《欽定越史通鑑綱目》に見える記述であり、中国側の《後漢書》の中には、蘇定が南海郡まで逃げたことには言及があるが、「剃髮割鬚」(髪を剃り、鬚を落とす)といった記載はないので、「剃髮割鬚」は疑わしい。
  4. ^ 《越南歴史》,60頁:「徴側被推崇為皇帝(徴王),定都麊泠(現河内)。」
  5. ^ Keith Weller Taylor (April 1991). The Birth of Vietnam. University of California Press. pp. 41–. ISBN 978-0-520-07417-0. https://books.google.com/books?id=rCl_02LnNVIC&pg=PA41#v=onepage&q&f=false. 
  6. ^ John P. McKay; Bennett D. Hill; John Buckler; Clare Haru Crowston; Merry E. Wiesner-Hanks; Patricia Buckley Ebrey; Roger B. Beck (16 November 2012). Understanding World Societies, Combined Volume: A Brief History. Bedford/St. Martin's. p. 134. ISBN 978-1-4576-2268-7. https://books.google.com/books?id=Wm8kAAAAQBAJ&q=Soon,+however,+Chinese+forces+overwhelmed+the+rebellion+and+Trung+Trac%27s+support+faded.+LaterVietnamese+records+ex%E2%80%94+plained+the+failure+of+the+revolt+as+a+consequence+ofits+female+leadership.&dq=Soon,+however,+Chinese+forces+overwhelmed+the+rebellion+and+Trung+Trac%27s+support+faded.+LaterVietnamese+records+ex%E2%80%94+plained+the+failure+of+the+revolt+as+a+consequence+ofits+female+leadership.&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwip2_CIntPNAhWi5YMKHd4SBxEQ6AEIHDAA. 
  7. ^ Gilbert, Marc Jason. “When Heroism is Not Enough: Three Women Warriors of Vietnam, Their Historians and World History”. University of Illinois. 2018年11月7日閲覧。
  8. ^ *Ngô Sï Liên, Dai Viet sir ky toàn thw, 3, lb. Cited in The Birth of Vietnam by Keith Weiler Taylor (Berkeley: University of California Press, 1983), p. 334. Keith Weller Taylor (April 1991). The Birth of Vietnam. University of California Press. pp. 334–. ISBN 978-0-520-07417-0. https://books.google.com/books?id=rCl_02LnNVIC&pg=PA334&lpg=PA334&dq=bowed+their+heads,+folded+their+arms,+and+served+the+northerners;+how+shameful+is+this+in+comparison+with+the+two+Trung+sisters,+who+were+women!&source=bl&ots=J3ckwSmENd&sig=hKJvV5F_Fz9tjGOoqrdy5LCQloM&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwiGrY6Xo4zLAhVIWz4KHaoxCOoQ6AEIJDAB#v=onepage&q=bowed%20their%20heads%2C%20folded%20their%20arms%2C%20and%20served%20the%20northerners%3B%20how%20shameful%20is%20this%20in%20comparison%20with%20the%20two%20Trung%20sisters%2C%20who%20were%20women!&f=false.  George Edson Dutton; Jayne Susan Werner; John K. Whitmore (2012). Sources of Vietnamese Tradition. Columbia University Press. pp. 80–. ISBN 978-0-231-13863-5. https://books.google.com/books?id=en8mLQhpAxkC&pg=PA80&lpg=PA80&dq=bowed+their+heads,+folded+their+arms,+and+served+the+northerners;+how+shameful+is+this+in+comparison+with+the+two+Trung+sisters,+who+were+women!&source=bl&ots=SP4YNnGYqA&sig=aldT5gUwRmNJoVNXsBHU0zjZkeo&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwiGrY6Xo4zLAhVIWz4KHaoxCOoQ6AEIMDAE#v=onepage&q=bowed%20their%20heads%2C%20folded%20their%20arms%2C%20and%20served%20the%20northerners%3B%20how%20shameful%20is%20this%20in%20comparison%20with%20the%20two%20Trung%20sisters%2C%20who%20were%20women!&f=false.  Steven J. Hood (15 March 1993). Dragons Entangled: Indochina and the China-Vietnam War. M.E. Sharpe. pp. 7–. ISBN 978-0-7656-3451-1. https://books.google.com/books?id=3cZ7t3tAR5UC&pg=PA7&lpg=PA7&dq=bowed+their+heads,+folded+their+arms,+and+served+the+northerners;+how+shameful+is+this+in+comparison+with+the+two+Trung+sisters,+who+were+women!&source=bl&ots=PBWZHyF177&sig=zZoN_OGsQ5BByCqPN1MQOtqi9hQ&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwiGrY6Xo4zLAhVIWz4KHaoxCOoQ6AEILTAD#v=onepage&q=bowed%20their%20heads%2C%20folded%20their%20arms%2C%20and%20served%20the%20northerners%3B%20how%20shameful%20is%20this%20in%20comparison%20with%20the%20two%20Trung%20sisters%2C%20who%20were%20women!&f=false.  Crossroads. Northern Illinois University, Center for Southeast Asian Studies. (1995). p. 35. https://books.google.com/books?id=5INuAAAAMAAJ&q=bowed+their+heads,+folded+their+arms,+and+served+the+northerners;+how+shameful+is+this+in+comparison+with+the+two+Trung+sisters,+who+were+women!&dq=bowed+their+heads,+folded+their+arms,+and+served+the+northerners;+how+shameful+is+this+in+comparison+with+the+two+Trung+sisters,+who+were+women!&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwiV8Ma-o4zLAhXKPz4KHY7ABegQ6AEILjAD.  TRUNG SISTERS © Chi D. Nguyen”. viettouch.com. 2016年6月17日閲覧。 State and Empire in Eurasia/North Africa (PDF)”. Fortthomas.kyschools.us. 2016年6月17日閲覧。 Ways of the World (PDF)”. Cartershistories.com. 2016年6月17日閲覧。 Strayer textbook ch03”. slideshare.net (2014年9月30日). 2016年6月17日閲覧。 Bà Trưng quê ở châu Phong - web”. viethoc.com. 2016年6月17日閲覧。
  9. ^ Nguyˆen, Van Ky. “Rethinking the Status of Vietnamese Women in Folklore and Oral History”. University of Michigan Press. pp. 87–107 (21 pages as PDF file). 2018年11月6日閲覧。
  10. ^ Hue-Tam Ho Tai (2001). The Country of Memory: Remaking the Past in Late Socialist Vietnam. University of California Press. pp. 1–. ISBN 978-0-520-22267-0. https://books.google.com/books?id=6RKggJM_oWoC&pg=RA1-PA74#v=onepage&q&f=false. 
  11. ^ Hue-Tam Ho Tai (2001). “6. Faces of Remembrance and Forgetting”. Remaking the Past in Late Socialist Vietnam. University of California Press. p. 174. http://publishing.cdlib.org/ucpressebooks/view?docId=kt5z09q3kz&chunk.id=ss2.28&toc.id=ch06&brand=ucpress 2018年11月7日閲覧。. 

参考文献[編集]

  • Bielestein, Hans (1987). “Wang Mang, the restoration of the Han dynasty, and Later Han”. The Cambridge History of China, Volume 1: The Ch'in and Han Empires, 221 B.C.–A.D. 220. Cambridge: Cambridge University Press. ISBN 9780521243278. 
  • Yü, Ying-shih (1987). “Han Foreign Relations”. The Cambridge History of China, Volume 1: The Ch'in and Han Empires, 221 B.C.–A.D. 220. Cambridge: Cambridge University Press. ISBN 9780521243278. 

関連項目[編集]