ノート:KADOKAWAグループ

ナビゲーションに移動 検索に移動

統合と「角川書店」分割の提案[編集]

  • (分割提案を追加)「角川書店」の記事のうち、角川グループに関する記載(沿革の一部・年表の一部・出版物のうち現在は関連会社に関するもの等)を分割して、「角川グループホールディングス」(または「角川グループ」)に統合することも追加で提案いたします。角川書店は、かつてはグループの統括会社でしたか、現在は社名変更により統括会社は角川グループホールディングとなっています。現在の角川書店は、出版事業に特化しているので、実態に合わせて、グループに関する内容を分割します(もちろん、分割内容については、角川書店の記事内に、分割先へ誘導する記述をします)。これにより、角川グループホールディングス、角川グループ、角川書店に、分散・重複して記載されているグループに関する内容を一ヶ所にまとめて記載して、わかりやすくします。--JB2 2009年3月5日 (木) 08:45 (UTC)

(反対)角川書店に記載されている事項を統合するのには同意するものの、角川グループと角川グループホールディングスを統合するメリットが感じられない。無理に統合して内容が煩雑になりかねないというのも理由。--Slbex 2009年3月6日 (金) 14:32 (UTC)

(反対)これまでは保留という形でコメントしていましたが、今回の提案者は、十分な合意が得られていない状況にもかかわらず、分割統合を強行しており、さらに角川書店の雑誌・書籍レーベルや発売ソフトの一覧など当該項目に直接関係があり、グループ全体には関わらないものまで移転しようとしました。このような形ではさすがに暴走としか見受けられず、反対せざるを得ません。もう少し落ち着かれてはどうですか?--Tmatsu 2009年3月12日 (木) 09:01 (UTC)

(コメント)暴走と受け止められかねない編集で、申し訳ありません。提案から期限の1週間を経過したので、手続をしておりました。反対ということであった角川グループと角川グループホールディングスの統合は行わず、グループ関連項目のみの分割手続です。ちょうど、どの分割した部分の具体的な理由を説明しようと書いていたところでした。「雑誌・書籍レーベルや発売ソフトの一覧」については、会社分割が進んだことで、角川書店はなく関連会社の出版になったものも複数あり、角川書店出版物のみをわけるのが大変であったことと、角川書店出版か否かで分割すると一覧性を失われるおそれがあるので、グループの出版物として、角川グループに移動ということです。早急すぎるということであれば、作業を中断いたします。角川書店以外の出版となった出版物についてどうすればよいか、ご意見をいただければ、それに沿った編集をいたします。--JB2 2009年3月12日 (木) 09:19 (UTC)
分割するにしてもまず前段階としてノートで話し合うべきではなかったのではないでしょうか。合意を取り付けずに分割を強行するのは愚の骨頂です。さすがに今の状況では提案したくてもこのようなことをされては提案も意見もする気はなくなりますよ。いったん冷却期間をおかれてはいかがですか。
一応今回の分割に関しての私見ですが、
  • 沿革のうち角川GHDに関する項目を角川GHDに移動
  • 関連企業に関する事項は角川グループに移動
  • 雑誌・書籍レーベルのうち「角川書店発行」以外のものについては各発行会社の記事に分割、それ以外は現状維持
  • ゲームソフトは角川書店が発売元なので現状維持
  • お家騒動に関する事項もひとまず現状維持
となります。少し考えただけでもこれくらいは思いつくはずなのになぜそれができなかったのかが不思議でなりません。--Tmatsu 2009年3月12日 (木) 09:29 (UTC)
説明が足りなかったのかもしれませんが、分割しようとした部分すべてが角川グループに関連する記述ということで提案しておりました。それで、統合については反対意見のみということだったので統合を行わないとし、分割移記については反対意見なしのまま期間満了で合意、ということで分割手続を行いました。そもそも、今回、角川書店の分割を提案したのは、角川書店は角川グループホールディングスに社名変更しており、現在の角川書店は出版事業を引き継いだ別法人の子会社であって、主力事業の会社ではあるが角川グループ統括会社ではなくなっているにも関わらず、角川グループ全体に関する記述が残っていて、そのため、統括会社である角川グループホールディングの記述が少なくなっているので、グループおよび持株会社角川グループホールディングス(旧角川書店)に関する記述を、「角川グループ」と「角川グループホールディングス」(旧角川書店)に移すというものです。そこで、
  • 沿革のうち角川グループホールディングス(旧角川書店)に関する項目を、角川グループホールディングスに移動(ただし、出版事業として、現在の角川書店に関係する事実も多いので、かなり角川書店にも残しました)
  • 関連企業に関する項目は、角川グループと重複するので、角川グループに移動
  • 雑誌・書籍に関する事項は、角川書店の出版物でなくなって3年も経つのに特に各発行会社に移記されることもなく維持され続けており、現状はグループ出版物としての記述になっているので、角川グループに移動
  • ゲームソフトは、同じ販売物として雑誌・書籍と同じ取扱にした(一体的に考えたというだけです)
  • お家騒動に関する項目は、角川グループ全体に関する事項であるうえ、旧角川書店(現在の角川グループホールディングス)で起きたことなので、角川グループホールディングスに移動
としました。雑誌・書籍・ゲームソフトのところは、ご意見のあるところと存じますが、どのように分割するかを十分検討した上で結論を出しました。決して何も考えずに分割したわけではありません。私も、傍観者としての立場であれば、角川書店発行以外のものだけを分割すればよいという意見になったかもしれません。ただ、実際には、そのようにしようとしても、角川グループでは、販売元を角川グループパブリッシングに統合して、個々の発行元を確認することが難しくなっているのです(web KADOKAWAは、角川グループパブリッシングのサイトになっており、角川書店単独の公式サイトは現在ないうえ、web KADOKAWAでは発行元ごとの区別も行われていないために、角川書店の発行物か否か判別しにくくなっています)。私が見つけられた限りでは、ザテレビジョン・ザハイビジョン・東京ウォーカー・関西ウォーカー・ChouChouは角川マーケティングの発行、CDでーた・DVD&ビデオでーた・花時間は角川マガジンの発行、角川ソフィア文庫・角川oneテーマ21・角川選書・角川叢書・辞典・辞書は角川学芸出版の発行のようですが、他の雑誌・書籍が未だに角川書店の発行なのか分社化されたのか確認できませんでした。そのような事情もあり、雑誌・書籍の記述を角川グループに移動させたので、個々の出版物の発行元をすべて教えていただければ、角川書店発行以外のもののみを各発行会社に移動させるというのでもかまいません。認識の相違もあったのだと思いますが、ちょっと分割を拙速に行ったこともあり、このような事態になった以上は冷却期間が必要だと思いますので、特に意見等を求められないなどしない限りは、当分の間、本件につきましてはこのままにしておきます。多くの皆様のご意見をよろしくお願いいたします。--JB2 2009年3月12日 (木) 18:35 (UTC)(誤記訂正--JB2 2009年3月13日 (金) 17:05 (UTC))
冷却期間をおかれると言うことですが、二つだけ。発行元・発売元の確認は主要な書籍通販サイトや国会図書館の書誌データベースで確認できるかと思います。また統合提案に関しては保留扱いにするか撤回扱いにするかで、Wikipedia:統合提案に報告する必要があると思いますよ。--Tmatsu 2009年3月13日 (金) 08:02 (UTC)
情報ありがとうございます。いつか作業を行うことになった際には、参考にさせていただきます。統合提案については、議論続行の中で一方的に撤回するといらぬ誤解を招くかとも思い控えていましたが、指摘していただいたので、角川グループと角川グループホールディングスの統合については撤回手続を採らせていただきます。角川書店の分割についてのみ、議論をお願いいたします。--JB2 2009年3月13日 (金) 17:05 (UTC)

カテゴリの統合提案[編集]

KADOKAWAグループの企業がすべてKADOKAWAの傘下になったこと、持株会社「KADOKAWA・DWANGO」の設立、Category:KADOKAWAのブランドの新設により、KADOKAWAグループとKADOKAWAでカテゴリを分ける意味は少なくなりました。また、KADOKAWA・DWANGO > KADOKAWAグループ‎ > KADOKAWAというカテゴリ階層や、歴史や人物のカテゴリがKADOKAWAとなっているのに他のKADOKAWAグループの企業が含まれているなど、現状ではカテゴリ構造が適切とはいえないと思います。そのため、Category:KADOKAWAグループCategory:KADOKAWAへ統合することを提案します。--XRGD会話) 2015年4月20日 (月) 15:46 (UTC)

改名提案[編集]

KADOKAWAグループからカドカワグループへの改名提案を提案いたします。--自称神会話) 2019年1月11日 (金) 18:48 (UTC) KADOKAWAのトップメッセージで松原社長がカドカワグループと言っており、経営統合からだいぶ立っており、この記事が古いグループの概念でありカドカワグループという記事を新たに作成するより改名提案をした方がいいため--自称神会話) 2019年1月12日 (土) 17:44 (UTC)

(コメント)改名の理由が示されておりません。改名が必要であるという理由が示されないままならば、反対票を投じざるを得ません。--KAMUI会話) 2019年1月12日 (土) 10:58 (UTC)
コメント 本文中の「カドカワグループ」節やこちらを見る限り、現在のグループ構造は「カドカワをトップとするグループ」の中に「KADOKAWAをトップとするグループ」があるわけで、前者を説明している本記事を「カドカワグループ」にするのは尤もらしいと思います。用例としてはGzブレインに対する報道N高のサイトが見つかりました。どちらもカドカワ設立後に立ち上がった事業です。ただ、検索していると単に「角川グループ」や「KADOKAWAグループ」をカタカナ表記しただけのようなのも見かけるので、取り扱いはなかなか面倒ですね。--がらはど会話) 2019年1月13日 (日) 02:50 (UTC)
  • 報告 改名しました。--自称神会話) 2019年1月18日 (金) 20:24 (UTC)
  • × 改名合意は得られていません。--アルトクール会話) 2019年1月18日 (金) 23:35 (UTC)

とりあえず状況の推移が変わるようでして、先ほど発表されたIRリリースによれば、本年4月1日付でカドカワからKADOKAWAに一部事業の吸収分割を行って、ドワンゴ・Gzブレイン・大百科ニュース社の3社がKADOKAWAの子会社になります(カドカワ-KADOKAWA-ドワンゴ等という組織変更)。ですので、今後本記事の名称変更や記述更新、カドカワの記事中にあるGzブレインの記述の記事分割を念頭に置いた方がいいでしょう。--Tmatsu会話) 2019年2月13日 (水) 07:04 (UTC)