ノート:G線上のアリア

ナビゲーションに移動 検索に移動

読みについて[編集]

とりあえず日本大百科全書に倣いました。個人的な見解をメモっておくと、G線を「じーせん」と読むなら、Airも「エアー」って読まないとおかしくね?と思います(読むなら「げーせんじょうのありあ」(独)か「じーせんじょうのえあー」(英)だろ、ということ)。個人的な見解なので本文には反映させませんけど。--Akaniji会話) 2013年3月3日 (日) 02:27 (UTC)

- 読むなら、「ゲーせんじょうのアリエ」(独)でしょう。--Kkddkkdd会話) 2015年1月25日 (日) 07:08 (UTC)

音楽評論家の白石知雄氏がブログでこんなことを書かれていましたが、例えば「ジャムパン」は英語のジャムとポルトガル語又はスペイン語のパンが合わさって一つの名称として日本で定着している訳でして、こういう風に各国語読みが合わさって日本語の名称として定着しているものはものは探すと沢山見つかるんじゃないでしょうかね。まあこれもAkanijiさんと同じく個人的な見解のメモです。--Gruppetto会話) 2015年1月25日 (日) 13:47 (UTC)

G線上のアリアが使用された作品[編集]

Gruppettoさんの行ったように、「G線上のアリアが使用された作品」という節自体を本文ページから削除することに全面的に賛同します。こんな有名な曲について、どの作品のどの場面で使われたかなんていちいち収集していたらきりがありません。ただ、せっかくノートページもあることですし、とりあえずこちらに移しておきますね。--松茸取りの翁会話) 2017年5月14日 (日) 03:32 (UTC)