ノート:COVID-19ワクチン

ナビゲーションに移動 検索に移動

分割しました[編集]

新型コロナウイルス感染症 (2019年)から分割し、en:COVID-19 vaccine(11 December 2020 00:17 UTC)からの抄訳を併せ、記載の順番を入れ替えました。--Topaz2会話) 2020年12月15日 (火) 04:42 (UTC)[返信]

リンク切れを修正[編集]

  • リンク切れを修正しましたので、本ノートの Broken テンプレートを削除します。ご指摘ありがとうございました。--YasuakiH会話) 2021年2月28日 (日) 11:46 (UTC)[返信]
  • リンク切れを修正しましたので、本ノートの Broken テンプレートを削除します。ご指摘ありがとうございました。--YasuakiH会話) 2021年3月3日 (水) 20:47 (UTC)[返信]

分割提案(日本におけるCOVID-19ワクチンの接種)[編集]

本項目「ワクチンの確保・接種状況」の「日本」の部分を主として、「日本におけるCOVID-19ワクチンの接種」の記事に分割を提案します。理由として、脚注reference数が600近くなり肥大化している事、英語版ウィキペディアでもen:COVID-19 vaccination in Japanなど、各国別のワクチン接種状況記事が個別にあることなどから、分割が相当だと考えます。--Kyuri1449会話) 2021年10月23日 (土) 12:48 (UTC)[返信]

  • 賛成(利点として、記事編集時の競合を緩和し、ビジュアルエディタ等の安定化にも寄与すると思います。分割時には、英語版と整合するようご配慮いただくと幸いに思います。) --YasuakiH会話) 2021年10月24日 (日) 08:53 (UTC)[返信]
  • コメント分割の必要性は支持しますが、日本以外の国の記事が短いこともあり、ワクチンの確保・接種状況全体を分割すべきかと思います。この点について提案者さんのご見解をいただきたいです。なお日本だけ分割に反対ではないので、コメントにとどめます。--Customsprofesser会話) 2021年11月4日 (木) 08:31 (UTC)[返信]

完了 異論自体はなかったようですので、合意とみなし、分割作業が完了しました。英語版の日本子記事とのリンクや体裁などは今後図っていくと思われます(が、英語版の日本子記事自体も情報が古いため…)。またCustomsprofesser氏ご懸念の分割部分についても、英語版の日本子記事が「接種状況」主体であることから、日本語版分割先記事についても同様に日本の接種状況関連だけ分割しました。なお、分割先が日本子記事であることから、世界全体の状況は範疇外と考えます(本記事の意義がなくなるため)。以上報告まで。--Kyuri1449会話) 2021年11月8日 (月) 16:37 (UTC)[返信]

(追記)英語版ではen:Deployment of COVID-19 vaccinesもありますのでこの部分を独立項目として介在させれば、日本におけるCOVID-19ワクチンの接種は本記事からみて孫記事階層にできるかと思われますが、現時点ではそこまで重厚な構成にする必要性は乏しいと考えます(もちろん、そのような構成にされる事に反対する訳では全くありません)--Kyuri1449会話) 2021年11月8日 (月) 16:41 (UTC)[返信]

拡張半保護編集依頼[編集]

こんにちは。Wikipedia編集初心者ですのでノートの使い方が間違っていたらごめんなさい。 ワクチン忌避のページにCOVID-19ワクチンについての誤った情報を記載したのですが、この内容に問題がなければどなたかこのページにも記載していただけませんでしょうか。 内容は以下の通りです。


また、「COVID-19ワクチン接種後に多くの人が死亡しており危険」などという風説が流布されることがある[1]が、厚生労働省が公開している事例はあくまで副反応疑い報告制度に基づき報告のあったものの件数であり、ワクチン接種直後に死亡したものの総数とも、あるいは接種と死亡の因果関係が認定された者の総数とも一致しない[2][3]

似たような風説で、「COVID-19ワクチンは接種と死亡の因果関係が不明なものが大半であり信用できない」というものもある[4]が、これは行政解剖の件数が極めて少ないという、COVID-19ワクチンに限らない問題が原因でもあり[5]、インフルエンザワクチンにおいても同様の事象がかねてより発生している[6]

なお、副反応疑い報告制度に基づいて報告のあった案件は、厚生労働省の審議会に報告され、専門家による審査が行われる[7]が、2021年10月時点で、日本国内においてCOVID-19ワクチンの接種と死亡に因果関係が認定されたケースは皆無である[8]。 このため厚生労働省では「安全性において重大な懸念は認められない」との評価を下しており[9]、一般市民向けのQ&Aサイトにおいては「新型コロナワクチンの接種が原因で多くの方が亡くなったということはありません。」と説明している[10]Valse bigdog会話) 2021年10月27日 (水) 18:03 (UTC)[返信]

  • 終了 拡張半保護の期間が終了したため、クローズします。Valse bigdogさん、対応せず放置してしまい申し訳ありません。宜しければ、ご自身の手で編集をお願い致します。--20041027 𝓽𝓪𝓽𝓼𝓾会話) 2021年12月1日 (水) 07:19 (UTC)[返信]

脚注

  1. ^ 接種後の死亡報告は1200件超なのに…コロナワクチンが死因、なぜゼロ?”. 2021年10月28日閲覧。
  2. ^ 医師等の皆さまへ~新型コロナワクチンの副反応疑い報告のお願い~”. 2021年10月28日閲覧。
  3. ^ このページ中程には「ワクチン接種との因果関係が示されていない症状も含め、幅広く評価を行うため、当面の間、以下の症状について、報告を積極的にご検討ください。」と記載があり、報告のあった案件の全てが必ずしもワクチン接種との因果関係があるものではない。また同ページには「アナフィラキシーの診断に至らない症状で、報告基準にも該当しない場合には、報告の対象にはなりません。」との記載があり、例えば接種を受けた直後に交通事故による出血多量で死亡したような場合は、当然ながら報告の対象とはならない
  4. ^ ワクチン接種後死亡例 ほとんど因果関係不明”. 2021年10月28日閲覧。
  5. ^ なぜ「ワクチン接種で死亡」の原因究明が進まないのか、法医学者に聞く”. 2021年10月28日閲覧。
  6. ^ 【厚労省】重篤な副反応疑いは131件‐インフルエンザワクチンで報告”. 2021年10月28日閲覧。
  7. ^ 新型コロナワクチンの副反応疑い報告について”. 2021年10月28日閲覧。
  8. ^ 接種後の死亡報告は1200件超なのに…コロナワクチンが死因、なぜゼロ?”. 2021年10月28日閲覧。
  9. ^ 新型コロナワクチンの副反応疑い報告について”. 2021年10月28日閲覧。
  10. ^ 新型コロナワクチンの接種が原因で多くの方が亡くなっているというのは本当ですか。”. 2021年10月28日閲覧。