ノート:朝鮮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

この項目は特定の版の削除が行われています。削除に関する議論はノート:朝鮮/削除をご覧ください。

Filing cabinet icon.svg

このページの節に {{Section resolved|1=~~~~}} を置くと、7 日後に SpBot がその節を過去ログ化します。

名前の由来について[編集]

 高木桂蔵教授(当時は静岡県立大学大学院国際関係学研究科教授、東方工業専科大学名誉教授)が諸君!(2002年4月号)の中で、朝鮮の名の由来は「朝(みつぎもの)鮮(すくなし)」という理由で朝鮮という国名になったと書いています。また、帝京大学の高山正之(元? 正確な時間軸が不明)教授が週刊新潮において、上智大学渡部昇一名誉教授が大阪で公演を行った際に同様の意見 (以下引用)「あれは朝貢(朝)が少ないという意味」で、鮮は「巧言令色鮮(すくな)し仁」の鮮と話された。 朝貢国は中国皇帝に拝謁するさいに貢物をもっていく。皇帝はそれに倍するお返しを下賜する習わしだが、 朝鮮」は貢物が少ないくせにお返しだけはたっぷり持って帰る、そういう気持ちを込めた命名だというのだ。(引用終) を仰ったことが記載されています。  当時、朝鮮が属国であり朝貢をしていたこと、また、朝鮮人が嫌うことが「朝鮮」と呼ばれることを嫌うことからもこちらの説の方が有力かと思います。--221.77.34.128 2008年11月12日 (水) 13:14 (UTC)K.N

"朝鮮" の中国語での本当の意味は朝 (朝見の意で比喩的に貢ぎ物)が鮮(少ない)"鮮"の元の字は 「是+少」(これ少なしの意)で一字。 中国の王朝から年貢が少ないと言う軽蔑用語である。--118.16.57.26 2010年2月23日 (火) 04:00 (UTC)

◇朝鮮の別名として「槿域」(ムクゲの地)があります。ムクゲは朝咲いて夕にはしおれるので、漢土では古くから短命無常の象徴であり、別名を「朝槿」「朝華」「朝生」ともいいます。朝生暮死の花ということですね。「鮮」は「あたらしい」「なま」「あざやか」という意味(「新」と同系)のほかに、「若死に、短命」「すくない」という意味(「銭」「浅」「賤」などと同系)があります。また咲きはじめの花を「鮮花」と言います。したがって「朝鮮」がムクゲの古い別名であることは明らかなのです(朝鮮の昔の教養人がこれに気づかないはずがないのに「朝が鮮やかな国」だと言ったり、ムクゲを無窮花と呼び永続の象徴のように言ったのは「朝鮮」が「短命の国」の意味で中国人に与えられた蔑称だという真実を王と民衆に対しごまかすためとしか思えない)。ただ朝鮮がムクゲの意味だと書いている辞書サイトなどが見当たらないので、ソース不足で記事には反映できませんね。個人のサイトではありますが。--青田ミク会話) 2017年6月20日 (火) 09:53 (UTC)

最後の段落[編集]

韓国においては(中略)(ただし、南北をひっくるめて論じるときなどは「朝鮮」というのが普通である)。

韓国では韓半島や韓民族という言い方が普通であり、歴史時代に言及する場合を除けば民族や統一国家を朝鮮と称することは一般には行われていません。

日本で「朝鮮」という語が用いられる場合、「地域名称としての...」等の断りを入れ、価値中立的な用法であることを予め説明してから用いられることが多い。

そういう断り方の用例はマスコミなどでもあまり聞きません。中立性などを気にする際はコリアという言葉を使うことが多いと思いますが。--Extrahitz 2009年6月1日 (月) 13:05 (UTC)

朝鮮王朝の呼称[編集]

漢字文化圏においては王朝名を王族の姓によって呼ぶことはないためである。

とありますが、ベトナムではむしろ姓で呼ばない王朝の方が少ないくらいです。中国でも同名の複数の王朝については前後や東西南北で呼び分けられない時には曹魏劉宋武周といった呼称が用いられます。--Extrahitz 2009年6月5日 (金) 10:09 (UTC)

保護解除について[編集]

もう保護を解除してもいいと思うのですが ..........。——以上の署名の無いコメントは、123.218.232.80ノート/Whois IPv4IPv6)さんが 2010年9月30日 (木) 01:15 (UTC) に投稿したものです(Isamit会話)による付記)。

保護解除に賛成。 ただし、朝鮮に関する事実を「差別的だ」と勝手に問題定義する馬鹿は排除の方向でお願いしたい。 --Dmai 2011年7月13日 (水) 03:27 (UTC)

朝鮮論法・詭弁を使った「反論」は無視してよい。[編集]

朝鮮論法 朝鮮人が使うことが多い(日本人の親韓左派も使うことあり)「論法」であり、目的は結論を収斂させないために使われる。 つまり、付き合うと結論が出ない。 相手にしてはいけない。 取り合ってはいけない。 馬鹿は嘲笑って排除するべきであり、誠心誠意付き合う必要性は無い。 現在の朝鮮人(在日・新韓左派の日本人)が差別的だと「思い込んでいる」事柄は、あくまで心情的であり、確固たる理由など無い。 つまり、犬が不快だから吠えているのと同様であり、知能のある人間である日本人が必死に論拠を出して丁寧に説明しても意味は無い。 犬がからんできたら、どうするべきか。 棒で殴って躾けるか、無視するか、どちからである。 ネット上では、棒で殴ることはできないので、無視するべきである。 --Dmai 2011年7月13日 (水) 03:27 (UTC)

「植民地」との表現はやめていただきたい。[編集]

2. 「朝鮮/韓」などの相違 2.1 日本語における呼称-- 植民地であったか否か、そういう議論をここで始めるつもりはないが、明らかに植民地と記載するのは問題であると言わざるを得ない。 多くの議論・説がある中で、一方的にそう断言するのは、暴挙と言わざるを得ない。 即刻の修正を要請する。 2402:6B00:26CB:C680:70D3:2D23:F801:1995 2014年9月17日 (水) 10:32 (UTC)