ノート:ヒンドゥー教

ナビゲーションに移動 検索に移動

カルキは「インド神話」という本では、六世紀頃まで、ヴィシュヌの最初の化身とされたとあります。そこから考えるに、カルキは、前宇宙を破壊したヴィシュヌの化身と思われます。つまり、ヒンドゥー教は紀元前後の頃、キリスト教などの唯一神思想をさらに発展させ、宇宙自体が創造と消滅をくり返すと考えました。そこから、ブラフマンは過去の遺物にすぎず、ヴィシュヌは前宇宙を破壊し、この宇宙をつくった神だと考えられます。また、シヴァは、この宇宙を破壊し、次宇宙をつくる神だと考えられます。 出典--以上の署名の無いコメントは、犬塚拓馬会話投稿記録)さんが 2009年9月16日 (水) 00:15 に投稿したものです(Damenaによる付記)。出典がAmazon.comへのリンクで示されていたため、「Wikipedia:外部リンクの選び方#掲載すべきでない外部リンク」によりコメントアウトしました。--森藍亭 2009年9月16日 (水) 18:58 (UTC)

ウィキペディアはあなたの解釈を三段論法で表明する場所ではありません。--海獺 2009年9月16日 (水) 16:50 (UTC)

記事『ヒンドゥー教徒』について[編集]

ここへのリダイレクトだったヒンドゥー教徒が新たに記事として起こされました。しかしこれはいささか煩雑に思えます。あちらは現在のところ内容も薄く、特に分ける必要が感じられません。リダイレクトに戻すことを提案します。ノート:ヒンドゥー教徒にも書きましたが、皆様のお目に止まらないかと存じまして念のため。--死郎 2010年10月13日 (水) 07:41 (UTC)

アリウス主義[編集]

それは人種差別主義者であるので、私は文章を削除します。 --Fukurama会話) 2016年9月19日 (月) 09:55 (UTC)