ノート:デジタルアニメ

Jump to navigation Jump to search

コンピュータ上で作ったデータで描いたアニメ。 それまで主流の透明なセルロイドに絵の具でキャラクターを描いた物をセルアニメと呼び、区別する。

デジタルアニメの定義について[編集]

コンピュータで描かれたもののみをデジタルアニメとする定義について、時代の進歩により一般の人にはなかなかイメージしにくくなってきているように思い、加筆させていただきました。


確かに、アニメといえば平面を意味することが多く、セルアニメとコンピュータグラフィックスを区別としてデジタルアニメということばが使われるようになった経緯は私自身も体験しており、とてもよく理解できます。

しかしながら、科学技術の進歩した現代ではこの説明だけですと、特に若者にはわかりにくい点が生じてしまうと思い、平面だけでなく、立体や映像展示やコンピュータグラフィックスの分野において、広く用いられているデジタルアニメという視点で追記をさせていただきました。


たとえば、現代においては携帯のアプリで簡単にデジタルアニメを作成することができるようになっており、携帯=コンピュータという感覚は持たないので、時代とともにデジタルアニメの定義も拡大されていることを痛感いたしております。 最近では平面でも立体でも人間でも素材に関係なくデジタルカメラで撮影したものをつなぎ合わせて動画にした作品もデジタルアニメとして発表されており、一口にデジタルアニメと言っても実に多種多様なものがあり、以前と違って、コンピュータで直接描かれたものでなくても当たり前のようにデジタル映像として扱わている時代ですのでやはりデジタルアニメについても多角的に捕らえる必要があることを感じております。


デジタルアニメという項目をお立ていただいたことに感謝し、セルアニメの説明なども含め、時代の中で私たちの経験したことが後生に残るよう事実にもとづいて内容を膨らませていただいております。


ご挨拶と説明が遅くなってしまって申し訳ございませんでした。

以上、ご検討のほどをよろしくお願い申し上げます。

--Kariko.K 2012年2月25日 (土) 02:28 (UTC)