ノート:テュルク系民族

ナビゲーションに移動 検索に移動

ウミユスリカさんの編集を汲んで見やすいようにモンゴル帝国に連なる王朝を王統の系統順にツリー状に成形してみましたが、これはモンゴル帝国の王統に関するの記事ではないので、細かい注釈なしの素のリストのほうが良いのではないかという気がしました。むしろモンゴル帝国のほうに継承国家に関するセクションでも作って論じ、こっちは戻したほうが良いんではないかと思いますが、どんなもんでしょうか。Safkan 2004年7月6日 (火) 12:28 (UTC)

ミスを直していただいてありがとうございます。また、継承国家の件、確かに言われてみればそうですね。ちょっと煩雑になってすっきりしないような気がしてきました。ウミユスリカ 2004年7月6日 (火) 12:36 (UTC)

モンゴル帝国#モンゴル帝国の継承政権を設けて移動させました。Safkan 2004年11月9日 (火) 05:46 (UTC)

改名提案[編集]

「テュルク」を「テュルク系民族」に改名したいと思います。理由は「テュルク」だけだと「テュルク」という特定の民族、すなわち「突厥」(もしくは丁零高車鉄勒といった古代テュルク)を指しているように見えますので、突厥(テュルク)の系統の民族集団という意味合い、およびその言語であるテュルク諸語を話す諸民族という意味で「テュルク系民族」とした方が妥当と考えるからです。--トムル 2010年12月18日 (土) 09:35 (UTC)

一週間経ちましたので、改名いたします。--トムル 2010年12月29日 (水) 14:02 (UTC)
コメント「チュルク」に統一した方がいいと思います。ウィキペディアでは「Türk」はチュルクの記事もありますので表記が曖昧だと軋轢が起こりませんか?。[東京外国語大学の運営するサイト「トルコ新聞記事翻訳ガイドブック」では、トルコ語のカタカナ表記の原則に従うと。--manatee-s会話) 2012年4月1日 (日) 09:10 (UTC)

以下のことを聞いたことがあります。

  • 「トルコ」……広義ではトルコ民族全般のこと、また、狭義では現トルコ共和国、及び現在トルコ人と呼ばれている人々のことを指す際に用いる。
  • 「チュルク」……言語学関係の研究でトルコ系民族のことを指す際に用いる。例えば東はウイグル、西はトルコ(果てはドイツ)に広く分布するトルコ系民族が使用する数々の言語を「チュルク諸語」と呼ぶ。
  • 「テュルク」……「チュルク」に対し、歴史学・文化人類学・社会学などの方面でトルコ系民族のことを指す際には「テュルク」を用いる。

あと、私が見る限り(歴史学の書籍ですが)、「Türk」のカタカナ表記「テュルク」と「チュルク」では、「テュルク」の方が多く使われています。そして私が聞く限り、「Türk」のトルコ語発音は「テュルク」です。間違っても「チュ」ではないです。ただ、英語(Turk)だと「チュルク」に近いです。--トムル会話) 2012年4月7日 (土) 08:32 (UTC)

コメントノート:ムスタファ・ケマル・アタテュルクに本件の議論がありますので、あわせてご参照ください。--F.V.E会話) 2012年4月7日 (土) 12:56 (UTC)
報告 ノート:ムスタファ・ケマル・アタテュルクでの議論を踏まえ、「テュルク」のままということになりましたので、改名提案タグを外しました。--F.V.E会話) 2012年4月20日 (金) 11:47 (UTC)


チュルク系民族の元来の人種について[編集]

IP利用者さん(IP:115.144.164.167ノート / 履歴、IP:49.254.99.5ノート / 履歴、IP:121.126.86.83ノート / 履歴)による「本来のチュルク系民族はコーカソイド」という編集ですが、私も調べてみましたが、やはり主流は「元来のチュルク系民族はモンゴロイド」という説のようです。IP利用者さんは出典を付しておられますので、この記述自体は間違いではないと善意に基づき信じます(私自身が当該の出典を今すぐ手に入れられる状況でなく確認不可能)が、主流はモンゴロイド説という形で、両論併記で記述しました。なお、IPアドレスによる編集は禁止されていませんが、適切な議論を行うためにもアカウントでの編集を推奨します。--ABCEdit会話) 2019年9月6日 (金) 22:02 (UTC)

利用者:トルコの北海道会話 / 投稿記録(=IP:115.144.164.167ノート / 履歴、IP:49.254.99.5ノート / 履歴、IP:121.126.86.83ノート / 履歴)さん
森安孝夫の説を復帰しました。コーカソイド説だけでなく、中立的な編集をお願いします。それから、ご意見は要約欄ではなく、ノートページにお願い致します。--ABCEdit会話) 2019年9月7日 (土) 09:13 (UTC)

利用者:トルコの北海道会話 / 投稿記録さん
私も本件を早く終わらせたいですが、貴方の編集は以下の2点について、問題があると考えます。

  • 出典付きの森安孝夫の説を頑なに除去していること。
  • 出典は付されているが、一般的とはなかなか言い難いトルコ人学者の説を冒頭に持ってくること(定説といえるほど普及している説ではないので、とりあえず提唱された年代順に記述すべきでしょう。)

私の方も英語版をそのまま翻訳していたことで一部根拠が不十分な記述があったとはいえ、貴方の編集はテュルク系民族がコーカソイドであると決めつける、中立性に反した編集のように思われます。 --ABCEdit会話) 2019年9月7日 (土) 11:52 (UTC)

正直言うとABCEditさんは討論もうまいし、問題点については僕が謝罪します。しかし、本当に最近の研究ではテュルク系民族がコーカソイドでトルコとトルコメニスタンには定説になっています。昔の研究としては文献を重視してモンゴロイドだったんですが、最近の考古学ではアンドロノヴォ文化を強く受けたコーカソイドだというのが提唱されました。正直僕は英語を読むことはできますが書くのは無理です。なぜ英語版の5月以前の内容はテュルクの起源は中央アジアで正しい内容だったのに、5月以降に中央アジアという内容は削除され、中国の満州が起源になったのか理解できなくて腹立ちます。英語版の内容を全部解釈しましたが、根拠が不十分であり、テュルク系民族を中国か朝鮮の民族であると決めつける内容でした。テュルクのページは僕が編集しちゃダメですか。僕は最新の研究の内容を載せたいです。そして、モンゴルに住んでいるテュルク人の人口は何百人であった、テュルク人のほとんどは中央アジアとトルコに住んでいます。トルコの最新研究がもっと信用できると思っています。ABCEditにお願いしたんですが、僕の編集でよいとしてください。お願いします。--トルコの北海道会話) 2019年9月7日 (土) 12:48 (UTC)

利用者:トルコの北海道会話 / 投稿記録さん
私の性分として、心情的にはお願いをされればそれに応えたくなります。しかし冷静に考えますと、本件における貴方の主張には問題点が多いと感じます。

  • 「英語版の5月以前の内容はテュルクの起源は中央アジアで正しい」内容だったといいますが、何をもって正しいというのでしょう。文書による記録も残っていない有史以前の出来事で、そう簡単に解明できない歴史的な内容について、簡単に「正しい」と断定するのは問題があります。まして、複数の専門家によって異なる説が提唱されている事項について、貴方が「正しい」と断言することは不可能なはずです。
  • 英語版において「5月以降に中央アジアという内容は削除され中国の満州が起源になった」ということですが、それが問題とお感じなら貴方が英語版の編集に参加すればよいだけです。今回は英語版の記事内容を翻訳という方で日本語版に移植しましたが、その後日本語版でどうしていくかは日本語版で決めればよいことで、英語版は関係ありません。
  • 最新の研究を載せるのは重要ですが、「トルコの最新研究が最も信用できる」と決めつけるのは如何なものでしょうか。(居住人口の多少は学説の信用性とは無関係です。)様々な説があるのであれば、中立的な視点から複数の研究を記述するのが望ましいです。その場合、時系列で記述するのが妥当でしょう。
  • 貴方は要約欄においても中国や朝鮮を貶めるようなコメントをされていますが、貴方の編集は、過度な反中国、反朝鮮の思想(感情論)に基づくものに思えてなりません。(私は別に中国や朝鮮を擁護するつもりは全くなく、あくまで貴方の偏向思想に基づいた編集についての指摘です。)科学は政治的思想や国民感情とは切り離して考えるべきで、中立的でなければなりません。
  • 「テュルクのページは僕が編集しちゃダメですか」ということですが、もちろんWikipediaでは編集の禁止されている利用者を除き、あらゆる利用者に編集の権利があります。一方で、問題のある編集内容は修正が求められます。そして、意見が異なれば議論が必要です。貴方の今回の編集は一部で問題があると私は判断しています。従って、ここで議論しているわけです。なお、議論中の差し戻しはお控え願います。

一つ前のコメントで指摘した問題点(出典付きの森安孝夫の説を頑なに除去していること)も含め、上記問題点に対する合理的な反論がありましたら、記述願います。 議論の末、方向性が纏まらないのであれば、第三者へのコメント依頼に出すしかないでしょう。--ABCEdit会話) 2019年9月7日 (土) 14:04 (UTC)

ABCEditさん、英語版の編集に参加したいんですが、英語でお話するのが苦手です。。正直言いますとABCEditさんが指摘した問題点に反論できません。

しかし、僕の考えでは5月以前の中央アジアを起源とする内容も間違った内容ではないと思っております。なぜその内容は削除されたのか分かりません。そしてトルコ学者の場合、トルコとモンゴルは友好国で学者がモンゴルに直接行って考古学調査を行う時も多いとトルコのテレビで見ました。たぶんトルコ人はテュルクを自分たちの歴史だと思っているので海外に行って多くの調査を行っているんじゃないかと思います。議論中の差し戻しは申し訳ありません。僕は反中国、反朝鮮の思想を持っていません。英語版でで中央アジアのことが何の理由もなく削除されたことで腹が立ってしまいました。すみません。--トルコの北海道会話) 2019年9月7日 (土) 15:16 (UTC)

利用者:トルコの北海道会話 / 投稿記録さん
本件においては、貴方の一連の編集について、私は上述したような問題点があると判断し、問題点を修正したバージョンが9月7日11:28の版[1]でした。私が上記に挙げた問題点に対して、貴方が「反論できない」、すなわち「異論がない」ということですので、今回の議論の結論としては、9月7日11:28の版に差し戻しで良いですね?--ABCEdit会話) 2019年9月7日 (土) 21:05 (UTC)

5月以降の英語版には問題点があり、テュルク系民族がモンゴロイドであると決めつける内容です。僕が編集した内容で維持したいです。お願いします。最新の情報です。--トルコの北海道会話) 2019年9月8日 (日) 08:20 (UTC)

利用者:トルコの北海道会話 / 投稿記録さん
ここで議論しているのは英語版の話ではありません。逆に、貴方が編集した内容は、テュルク系民族のモンゴロイド起源説を消去しており、コーカソイドと決めつける内容です[2]。最新情報であっても、定説となっていない以上、両論併記が望ましいです。日本語版の9月7日11:28の版[3]は、両論併記しており、チュルク系民族がモンゴロイド起源であるとは決めつけていませんが、これを頑なに拒否する客観的理由はどこにあるというのでしょうか?--ABCEdit会話) 2019年9月8日 (日) 08:57 (UTC)

日本語版の9月7日11:28の版はテュルク系モンゴロイド説がもっと信頼されているように書かれていると僕は思います。5月以降にjohuaというユーザによって書かれた”テュルク系民族の内容は、”現在の南シベリア・モンゴルから西遼河盆地(現代満州)に至る地域が発祥だという見方があり、[3] [4] 彼らは農耕民として生活し、後に遊牧生活を採用し、西への移住を開始したという” この内容の根拠として出された出典は ”Austronesian influence and Transeurasian ancestry in Japanese: A case of farming/language dispersal”でテュルクと全く関係のない出典です。僕が英語版でこの問題点について話しましたが、英語で話すのが上手じゃなくて、すぐjoshuaというユーザに取り消されました。僕は5月以前の英語版は全く問題ないと思っていますが、5月以降はテュルク系をモンゴロイドと決めつける内容になっていたと思っています。--トルコの北海道会話) 2019年9月8日 (日) 10:12 (UTC)

貴方と私の2者での議論で合意に至る見込みがないため、第三者にコメント依頼いたします。--ABCEdit会話) 2019年9月8日 (日) 11:28 (UTC)

利用者:トルコの北海道会話 / 投稿記録さんに一つ伺いたいのですが、アナウ(Anau culture)のコーカソイド起源説の出典として付されている「Halil İnalcık, Osmanlı İmpartorluğu 2 Cilt Takım-Kutulu」という書籍ですが、ここには貴方が主張されるような記述が本当に書かれているのでしょうか?トルコ語版とトルクメニスタン語版の「テュルク系民族」と「アナウ遺跡」のページ([4][5][6])を見ましたが、この書籍はどこにも見当りませんでした。貴方が今年8月にen:User:Irantointerna(履歴[7])の名で英語版(en:Talk:Turkic peoples#I don't think that "turkic peoples" are from the West Liao River Basin (modern china))で議論された際、貴方の主張の拠典はトルコ語版Wikipedia[8]とHP[9]のみで、上記書籍は挙げられていません。どうしてですか?それは、この書籍に、あなたの主張される説が本当は書かれていないからではないですか?日本語版Wikipediaの出典として付すために、適当にそれらしい文献を探してきて、出典としてでっち上げたのではないですか?悪意にとってしまい大変申し訳ありませんが、私にはどうもそのように思えてなりません。--ABCEdit会話) 2019年9月9日 (月) 14:07 (UTC)

利用者:トルコの北海道会話 / 投稿記録(=IP:115.144.164.167ノート / 履歴、IP:49.254.99.5ノート / 履歴、IP:121.126.86.83ノート / 履歴)さん、あなたは以下の点で、明確な方針違反を犯しています。

  • Wikipedia:検証可能性#信頼できる情報源には、「ウィキペディア日本語版では、可能な限り日本語による情報源を示すべきであり、常に日本語による情報源を日本語以外の言語による情報源より優先して使用すべきです。これは、情報源の資料が正しく使用されていることを、日本語版の読者が容易に検証できるようにするためです。」とあります。貴方は日本語文献[1]によるテュルク系民族のモンゴロイド起源説を削除し、トルコ語文献によるコーカソイド起源説に書き換えています[15][16][17]。これはWikipedia:検証可能性の方針に明確に違反するものです。
  • あなたの主張される説[2]に付されている文献「 Halil İnalcık, Osmanlı İmpartorluğu 2 Cilt Takım-Kutulu」ですが、そもそも、私は貴方の記述内容の根拠たる出典として、非常に懐疑的です。本当に貴方が主張されるような説と同じ内容が書かれているのですか?もし書かれているのであれば、当該文献における、貴方が主張される説についての記述を、原語のまま、この議論ページに引用してください。その際は、その記述が、どこの章・節の何ページに記載されているかも明示してください。その際は、著作権侵害にならないようにご注意ください。もしお示しできないのであれば、それは貴方が出典に基づかない編集、自らの独自研究に基づいた編集を行ったことを意味しますから、Wikipedia:独自研究は載せないに明確に違反しています。

以上について、弁明をお願いします。一定期間の間に正当な弁明がないようでしたら、コメント依頼での第三者の方の意見も踏まえつつ、貴方の編集を適切に修正します。--ABCEdit会話) 2019年9月11日 (水) 11:26 (UTC)脱字修正--ABCEdit会話) 2019年9月11日 (水) 21:21 (UTC)

コメント依頼[編集]

テュルク系民族#起源の節について、利用者:トルコの北海道会話 / 投稿記録(=IP:115.144.164.167ノート / 履歴、IP:49.254.99.5ノート / 履歴、IP:121.126.86.83ノート / 履歴)さんと私(利用者:ABCEdit会話 / 投稿記録)の間で、記述内容に関して合意に至ることができないため、第三者へのコメント依頼を致します。具体的には主にモンゴロイド起源説とコーカソイド起源説の書き方についてですが、ここまでに至る経緯については、UTC 9月4日~7日にかけての編集履歴[18]、および上記の議論をご覧ください。

利用者:トルコの北海道会話 / 投稿記録さんが適切と考えている記述内容

テュルクの起源については色んな議論があった。最近トルコ人学者によれば、トルクメニスタンのアナウ(Anau culture)には紀元前40世紀の原始テュルクの遺跡が発見されていることから、本来テュルク諸語を話す人々は中央アジアを起源とするコーカソイド種族で、古代のテュルク民族は中央アジアから東に移動してモンゴルにいた柔然を征服し、勢力を拡大、東のテュルク系民族は元々モンゴロイド特徴を持っていたがコーカソイドの特徴も見られるようになったとしている[3]

一方で、テュルク系民族は、現在の南シベリアモンゴルから西遼河盆地(現代満州)に至る地域が発祥だという主張もある。[4] [5] 彼らは農耕民として生活し、後に遊牧生活を採用し、西への移住を開始したという。[5]

Yunusbayev et alによれば、遺伝子研究の結果からはテュルク系民族の明確な遺伝子の単一性は認められないことから、テュルク系民族の拡散が話者移動よりも言語置換中心であったことが示唆される[4]。また、Yunusbayev et alは、「調査されたほとんどのテュルク系民族は遺伝的に近隣地域の住民に似ている」ことを発見し、インド・ヨーロッパ語族のような少数上位階級による支配を示唆した。しかし、西部のテュルク系民族も、現在の南シベリアとモンゴル地域のテュルク系民族と同一の「非常に長い染色体領域」を共有していると主張した[4]

利用者:ABCEdit会話 / 投稿記録が適切と考えている記述内容

森安孝夫(歴史学者)は、古代のテュルク民族は唐代まではそのほとんどが黒髪、直毛、黒目のモンゴロイドであったとしている[6]

テュルク系民族の発祥地として、南シベリアモンゴル[4] や西遼河盆地(現代満州)(興隆窪文化[5] が推定されている。Robbeetsによれば、テュルク系民族はもともと農耕民として生活していたが、後に遊牧生活を採用し、西への移住を開始したという[5]

Yunusbayev et al 2015によれば、遺伝子研究の結果からはテュルク系民族の明確な遺伝子の単一性は認められないことから、テュルク系民族の拡散が話者移動よりも言語置換中心であったことが示唆される[4]。また、Yunusbayev et alは、「調査されたほとんどのテュルク系民族は遺伝的に近隣地域の住民に似ている」ことを発見し、インド・ヨーロッパ語族のような少数上位階級による支配を示唆した。しかし、西部のテュルク系民族も、現在の南シベリアとモンゴル地域のテュルク系民族と同一の「非常に長い染色体領域」を共有しているとしている[4]

最近トルコ人学者によれば、トルクメニスタンのアナウ(Anau culture)には紀元前40世紀の原始テュルクの遺跡が発見されていることから、本来テュルク諸語を話す人々は中央アジアを起源とするコーカソイド種族で、古代のテュルク民族は中央アジアから東に移動してモンゴルにいた柔然を征服し、勢力を拡大、東のテュルク系民族は元々モンゴロイド特徴を持っていたがコーカソイドの特徴も見られるようになったとしている[7]

--ABCEdit会話) 2019年9月8日 (日) 11:30 (UTC) 一部修正追記--ABCEdit会話) 2019年9月8日 (日) 13:06 (UTC)

報告 議論の本旨とはズレますが、利用者:トルコの北海道会話 / 投稿記録さんは英語版でen:User:Irantointerna(履歴[19])の名で編集を行っているようです。英語版でも全く同様の主張(テュルク系民族のアナウ(Anau culture)起源説)をされていますが、方針違反を指摘され、主張は退けられています。(en:Talk:Turkic peoples#I don't think that "turkic peoples" are from the West Liao River Basin (modern china))--ABCEdit会話) 2019年9月9日 (月) 13:24 (UTC)

ABCEditさんなんかすみませんね。Irantointernaは僕とまったく関係ありません。そしてIrantointernaはブロックされた人でもないので、僕と全然関係ない人です。僕の編集でよいとしてください。--トルコの北海道会話) 2019年9月9日 (月) 14:07 (UTC)
利用者:トルコの北海道会話 / 投稿記録さん
ではなぜ貴方はIrantointernaさんと全く同じ主張をしているのですか? 貴方が英語版で使用していたユーザー名を教えてください。それから、「Irantointernaはブロックされた人でもないので、僕と全然関係ない」ということは、貴方は過去にブロックされた、すなわちブロック破りだと自ら言っているということになりますが?--ABCEdit会話) 2019年9月9日 (月) 14:25 (UTC)
僕はブロック破りではありません。--トルコの北海道会話) 2019年9月12日 (木) 14:15 (UTC)

コメント "Halil İnalcık, Osmanlı İmpartorluğu 2 Cilt Takım-Kutulu" がソースとして提示されいて、これは著者が2016年に100歳で亡くなった後の2018年に出版された版を指しているのだと思いますが、実際に書かれたのはずっと昔のはず (1970年代)のはずですから、「最近トルコ人学者によれば」という表現はおかしい気がします。また、2巻本のようですが、どの巻の何ページに記載されているのか明記してください。--Takabeg会話) 2019年9月11日 (水) 14:43 (UTC)

古代トルコの文化についてはこれを参考にしてください。Google 翻訳を推薦します。

The Turks: Early ages https://books.google.de/books/about/The_Turks_Early_ages.html?id=HGBtAAAAMAAJ&redir_esc=y&hl=ko この本の内容を参考にしたブログは https://www.kenanyelken.com/anav-afenesyova-andronova-kulturu 最近の学者はSinan Meydan、Umay Türkeş Günayと Koçsoy, Şevket 、Murat Ocakがいます。--トルコの北海道会話) 2019年9月12日 (木) 14:34 (UTC)

利用者:トルコの北海道会話 / 投稿記録さん、徒に論点を拡散せず、まずは私の質問[20]に対する弁明をお願いします。--ABCEdit会話) 2019年9月12日 (木) 20:38 (UTC) 宛先追記--ABCEdit会話) 2019年9月13日 (金) 03:32 (UTC)
原本です。 

Orta Asya'da kurulan Türk uygarlıklarının tarihi en azından Orta Taş Çağına kadar dayanmaktadır. Bilinen bu uygarlıklardan en eskisi olan Anav Uygarlığı MÖ 10.000 yıllarına kadar uzanmaktadır.

Anav kültür bölgesindeki insanlar yerleşik olup, dokumacılık, toprak ve bakır işlemeciliği ile uğraşmış; koyun, keçi, sığır ve deve beslemişler ayrıca tarım da yapmışlardır iğer Orta Asya Türk Uygarlıkları ortaya çıkışlarına göre sırasıyla Afanesevo, Kelteminar, Andronovo, Karasuk ve Tagar kültür bölgeleridir.

Google 翻訳  中央アジアで設立されたトルコ文明の歴史は、少なくとも中石器時代にまで遡ります。これらの既知の文明の中で最も古いアナヴ文明は、紀元前10,000年に遡ります。 他の中央アジアのトルコ文明の出現によると、アファネーセボ、ケルテミナール、アンドロノヴォ、カラスク、タガーは文化地域です --トルコの北海道会話) 2019年9月15日 (日) 09:25 (UTC)

利用者:トルコの北海道会話 / 投稿記録さんへ;記載されている巻名、章名・節名、ページを明記してください。それから、この本は日本ではなかなか手に入らないものと思いますが、貴方はどのように手に入れたのですか?もし可能であれば私も読みたいので、差し支えない範囲で教えてください。--ABCEdit会話) 2019年9月15日 (日) 11:11 (UTC)

利用者:Takabeg会話 / 投稿記録さん他第三者の方へ;もし上記書籍を閲覧可能な方がいましたら、トルコの北海道さんが示される箇所に確かにその記述が存在することを確認していただけますでしょうか。その他、トルコの北海道さんの編集について、中立的観点、検証可能性などの観点からコメントがありましたらお願いします。--ABCEdit会話) 2019年9月15日 (日) 11:11 (UTC)

情報 IP:115.144.164.167ノート / 履歴、IP:49.254.99.5ノート / 履歴、IP:121.126.86.83ノート / 履歴はグローバルブロックされました。利用者:トルコの北海道会話 / 投稿記録は今のところブロックされていませんが、明らかに同一人物でしょう。自らブロック逃れと表明するも[21]、後から否定し(嘘をつき)[22]、都合よく自らの発言を書き換える[23]利用者の言を、私は到底信用することはできません。--ABCEdit会話) 2019年9月16日 (月) 15:55 (UTC)”

そのIPをブロックした人は-reviという韓国の方です。たぶん僕のipをプロキシだと勘違いしてブロックしたようですが、そのipはopen proxyではありません。理由もなくブロックされたので、-reviという人にメールを送り解除を申し込み。--トルコの北海道会話) 2019年9月18日 (水) 16:39 (UTC)
本のことですが、日本では売ってないと思います。(゚-゚;)もしよろしければ直接お会いして、ご説明したいです。友達も欲しいので、もしよかったらです。--トルコの北海道会話) 2019年9月19日 (木) 10:04 (UTC)
国立国会図書館の関西 アジア情報室に The Turks / editors, Hasan Celâl Güzel, C. Cem Oǧuz, Osman Karatayが所蔵されているようです。英語版は全6巻本のダイジェストのようなのので、トルコ語版は全21巻あるようです。今ならトルコ語版の第1巻がここで読めるみたいです。ただし、Orta Asya'da kurulan Türk uygarlıklarının tarihi en azından Orta Taş Çağına kadar dayanmaktadır....... Afanesevo, Kelteminar, Andronovo, Karasuk ve Tagar kültür bölgeleridir. というのはtr:Türk halkları#Göktürklerden_önceに書かれている無出典の記述のコピペなのではないかと思ってしまいいましたし、diğer Orta Asya Türk Uygarlıkları ortaya çıkışlarına göre sırasıyla の "ortaya çıkışlarına göre sırasıyla" は誤訳です。いずれにしても、トルコの北海道さんが、巻数、著者名、論文名、頁数などを呈示してくくださらないと、出典無効 (または虚偽出典)で除去されることになることが容易に予想されます。--Takabeg会話) 2019年9月19日 (木) 13:27 (UTC)
Google 翻訳を使いましたから、"ortaya çıkışlarına göre sırasıylaは誤訳になってしまいました。sırasıylaはだんだんという意味で、diğer Orta Asya Türk Uygarlıkları ortaya çıkışlarına göre sırasıylaは それ以外のテュルク文明をつぎつぎ言うと、アファネーセボ、ケルテミナール、アンドロノヴォ、カラスク、タガー。という意味です。--トルコの北海道会話) 2019年9月19日 (木) 15:54 (UTC)

脚注[編集]

  1. ^ 森安孝夫 『興亡の世界史05 シルクロードと唐帝国』 講談社、2007年。ISBN 978-4062807050
  2. ^ 「最近トルコ人学者によれば、トルクメニスタンのアナウ(Anau culture)には紀元前40世紀の原始テュルクの遺跡が発見されていることから、本来テュルク諸語を話す人々は中央アジアを起源とするコーカソイド種族で、古代のテュルク民族は中央アジアから東に移動してモンゴルにいた柔然を征服し、勢力を拡大、東のテュルク系民族は元々モンゴロイド特徴を持っていたがコーカソイドの特徴も見られるようになったとしている」
  3. ^ Halil İnalcık, Osmanlı İmpartorluğu 2 Cilt Takım-Kutulu
  4. ^ a b c d e f Yunusbayev, Bayazit; Metspalu, Mait; Metspalu, Ene; Valeev, Albert; Litvinov, Sergei; Valiev, Ruslan; Akhmetova, Vita; Balanovska, Elena et al. (2015-04-21). “The Genetic Legacy of the Expansion of Turkic-Speaking Nomads across Eurasia”. PLoS Genetics 11 (4): e1005068. doi:10.1371/journal.pgen.1005068. ISSN 1553-7390. PMC: 4405460. PMID 25898006. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4405460/. 
  5. ^ a b c d (PDF) Transeurasian theory: A case of farming/language dispersal”. ResearchGate. 2019年3月13日閲覧。
  6. ^ 森安孝夫 『興亡の世界史05 シルクロードと唐帝国』 講談社、2007年。ISBN 978-4062807050
  7. ^ Halil İnalcık, Osmanlı İmpartorluğu 2 Cilt Takım-Kutulu