ノートルダム大聖堂 (ルクセンブルク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
聖堂の外観。
大聖堂の内観。
聖堂のクワイヤ

ノートルダム大聖堂 (ノートルダムだいせいどう、ルクセンブルク語: Kathedral Notre-Dameフランス語: Cathédrale Notre-Dame)は、ルクセンブルク市にある教会である[1]。尖塔が印象的であるとされ[2]ルネサンス様式バロック様式、イスパノ・モレスク様式などの複数の様式が併存する点も特徴である[2]

歴史[編集]

1613年から1621年まで[3]イエズス会修道士であるジャン・ドゥ・ブロークフランス語版によって設計された[1]。「ルクセンブルク市街:その古い町並みと要塞都市の遺構」として世界遺産にも含まれている[1]

1935年から1938年まで、増築工事が施された[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c ノートルダム大聖堂”. デジタル大辞泉. 2017年2月9日閲覧。
  2. ^ a b 学研パブリッシング編集部編『世界の絶景 お城&宮殿学研パブリッシング、2014年、p115。ISBN 978-4058003541
  3. ^ Cathédrale Notre-Dame”. 2017年2月15日閲覧。
  4. ^ Cathedral of the Blessed Virgin in Luxembourg City”. Luxembourg City Tourist Office. 2017年2月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯49度36分34秒 東経06度07分52秒 / 北緯49.60944度 東経6.13111度 / 49.60944; 6.13111