ノボタン科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノボタン科
Tibouchina semidecandra.jpg
コバノシコンノボタン(Tibouchina semidecandra
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フトモモ目 Myrtales
: ノボタン科 Melastomataceae
学名
Melastomataceae
Juss. nom. cons.
  • 本文参照

ノボタン科 (Melastomataceae) は双子葉植物に属するのひとつ。

特徴[編集]

草本または木本、つる性のものもある。約1804400の大きい科であるが、ほとんどが熱帯亜熱帯にのみ分布する。日本ではノボタン(野牡丹)などの4属7種が南西諸島小笠原諸島に(ヒメノボタンは紀伊半島まで)分布する。中南米原産のシコンノボタン(紫紺野牡丹)は紫色の大輪の花が美しいのでよく栽培される。

は対生。は子房下位で放射相称、萼片と花弁は普通4または5枚、雄蕊はその2倍ある。果実はさく果または液果。

おもな属[編集]

外部リンク[編集]