ノドアカハチドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノドアカハチドリ
ノドアカハチドリのオス
ノドアカハチドリ(オス) Archilochus colubris
ノドアカハチドリのメス
ノドアカハチドリ(メス) Archilochus colubris
保全状況評価[1][2][3]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: アマツバメ目/ヨタカ目
Apodiformes/Caprimulgiformes
: ハチドリ科 Trochilidae
: ノドアカハチドリ属 Archilochus
: ノドアカハチドリ A. colubris
学名
Archilochus colubris
(Linnaeus, 1758)[3]
和名
ノドアカハチドリ[4]
英名
Ruby-throated hummingbird[3]

ノドアカハチドリ (Archilochus colubris) は、鳥綱アマツバメ目(ヨタカ目とする説もあり)ハチドリ科ノドアカハチドリ属に分類される鳥類。

分布[編集]

アメリカ合衆国プエルトリコ含む)、エルサルバドルカナダキューバグアテマラコスタリカドミニカ共和国ニカラグアハイチパナマバハマベリーズホンジュラスメキシコ[3]

形態[編集]

全長7-9cm、翼の差し渡し8-11cm、体重2-6g。雄はその名の通り喉が赤い羽毛で覆われるが、この特徴は雌には無い。雄の尾羽は両端が長くなっており、雌の尾羽は丸みを帯びている。雄の方がやや小さく、嘴も短い。

生態[編集]

落葉樹林とマツ林、果樹園、庭園で繁殖する。雌親だけが木の芽の鱗片や地衣類クモの巣ではりつけ、中にタンポポアザミの綿毛を敷いた巣を樹上に作り、長さ12.9mm、幅8.5mmの白い卵を2個産む。雛は22-25日で巣立ち、1年に2、3回営巣する。交尾のとき以外はいつも単独で行動する。ノドアカハチドリの配偶システム一夫多妻制であると考えられているが、一妻多夫制乱婚制も起こりうるとされる。

人間との関係[編集]

2016年の時点では生息数が増加傾向にあると考えられ、種として絶滅のおそれは低いと考えられている[3]。1987年にハチドリ科単位で、ワシントン条約附属書IIに掲載されている[2]


アメリカ合衆国とカナダでは、ノドアカハチドリは多くの人々に愛されている。夏になると、ハチドリ類が赤色の花を好む習性を利用して赤色の砂糖水入れを戸外に設置してハチドリを庭に誘引している風景がよく見られる。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ I, II and III (valid from 28 August 2020)<https://cites.org/eng> (downroad 12/22/2020)
  2. ^ a b UNEP (2020). Archilochus colubris. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. (downroad 12/22/2020)
  3. ^ a b c d e BirdLife International. 2016. Archilochus colubris. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T22688193A93186255. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2016-3.RLTS.T22688193A93186255.en. Downloaded on 22 December 2020.
  4. ^ 山階芳麿 「ノドアカハチドリ」『世界鳥類和名辞典』、大学書林、1986年、277頁。

関連項目[編集]