ノアノア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ノアノア』(Noa Noa)は、19世紀画家ポール・ゴーギャン1848年 - 1903年)の自伝的随想、およびその書籍名である。1893年 - 1894年に執筆され、1901年に出版された。

概要[編集]

タイトルの「ノアノア」とは、タヒチ語で「かぐわしい香り」を意味する形容詞「noanoa」という語である[1]

タヒチでの妻テウラ(Téhura、初期のゴーギャンのモデル)との愛の日々や、現地の漁業、宗教的儀式、神と自然とダイレクトに触れ合う体験を、ゴーギャンは、絵画として描くと同時に、随想に書き起こしたのが本書である。

ゴーギャンは、1891年4月、42歳のとき、フランス領タヒチに移住、1893年に一度フランス本土のパリに戻るが、1895年にはふたたびタヒチに移住、1901年マルキーズ諸島に移住、1903年に同地で55歳で死去した。本書は、最初のタヒチ滞在での日々をパリで執筆したものであり、パリでの1901年の初版出版時には、ゴーギャンはマルキーズにいたことになる。

おもなビブリオグラフィ[編集]

ゴーギャンのノアノア (イメージ)
  • Paul Gauguin, with Charles Morice Noa Noa: The Tahiti Journal of Paul Gauguin, 1901年
  • Noa Noa (1893年 - 1894年) - 仏語

脚注[編集]

  1. ^ タヒチ語/英語ウェブ辞書「Les premiers dictionnaires tahitiens」内の「noanoa」の項の記述を参照。なお同辞書は1851年にJohn Daviesが編纂したものであり、著作権は失効している。
  2. ^ 1 2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Noa Noa (英語) - ポール・ゴーギャン