ネール姉妹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ネール姉妹:Sœurs de Nesle)は、ロココ時代のフランス宮廷で登場したネール侯爵家の5人姉妹のこと。3人がルイ15世公式寵姫(公妾)となり、国政に影響力を与えた。残る2人も王と関係を持ったとされる。姉妹はルイ14世少年期の宮廷でマザラン枢機卿の姪として影響力を誇ったマザリネットの一人、オルタンス・マンチーニの曾孫にあたる。

一覧[編集]

肖像画[編集]

備考[編集]

フラヴァクール侯爵夫人については、宮廷にあがっていたことは確かだが、王と関係があったかどうかは定かではない。夫人が固辞したとも、夫が力づくで阻止したともいう。そのように噂され、記録されたというのみである。

なおローラゲー公爵夫人を四女とする文献がある。その場合フラヴァクール侯爵夫人が三女ということになる。しかしこれは誤りであると思われる。