ニンバ山厳正自然保護区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世界遺産 ニンバ山
厳正自然保護区
ギニアコートジボワール
Voa Guinea chimpanzee picking 30jan08.jpg
英名 Mount Nimba Strict Nature Reserve
仏名 Réserve naturelle intégrale du mont Nimba
面積 ギニア側9,560ha ; コートジボワール側5,200 ha
登録区分 自然遺産
IUCN分類 厳正自然保護区(Ia)
登録基準 (9), (10)
登録年 1981年
拡張年 1982年
備考 危機遺産登録(1992年- )
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
ニンバ山厳正自然保護区の位置
使用方法表示

ニンバ山厳正自然保護区(ニンバさん げんせいしぜんほこく)は、ギニアコートジボワールにまたがる、標高1752mのニンバ山の主要部分を含む国立公園熱帯雨林のエリアとサバンナのエリアを持ち、ダイカージャコウネコニシコモチヒキガエル、珍しい地衣類真菌類など、500種以上の動物と2000種以上の植物が生息している(ここには200種以上のこの地域特有の生物種を含む)。

この保護区のうち、1981年にまずギニアに含まれる範囲がユネスコ世界遺産に登録され、翌年にコートジボワール領内も登録された。ニンバ山を含むニンバ山塊はリベリアまで延びており、そちらまで範囲を拡張することも提案されている。

リベリアからの難民の流入に加え、ニンバ山が鉄鉱石の鉱脈を持ち、リベリア側では採掘のための開発が行われてきたことなどから、1992年に危機遺産に登録された。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準のうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

座標: 北緯7度36分11秒 西経8度23分28秒 / 北緯7.603度 西経8.391度 / 7.603; -8.391