ニューモノウルトラマイクロスコーピックシリコヴォルケーノコニオシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

ニューモノウルトラマイクロスコーピックシリコヴォルケーノコニオシス (Pneumonoultramicroscopicsilicovolcanoconiosis, -koniosis) とは、超微視的珪質火山塵肺疾患(非常に微視的珪質火山塵を吸い込むことによって引き起こされる病気)を意味する英語である。「珪性肺塵症」とも訳される[1]。実際は医学用語ではなく、アメリカパズル愛好家組織、National Puzzlers' League の会長だったエヴェレット・スミスが 1935年に造語したとされる[2]ラテン文字 45 字で書かれるこの言葉は、一般的な英語辞書に記載されている中では最も長い実用的な語とされている。また、複数形については語尾の ie に変わり、 pneumonoultramicroscopicsilicovolcanoconioses となる。この語は 1936年オックスフォード英語辞典に最初に記載され、続いてウェブスター辞典、ランダムハウス英語辞典などに記載された。この病気を表す実際の術語pneumoconiosis塵肺)あるいは silicosis珪肺)である。

語源[編集]

  • pneumono - 肺(古代ギリシア語が元となったラテン語より)
  • ultra - 超(ラテン語より)
  • microscopic - 微視的・顕微鏡古英語、またはラテン語の mikron (小さい)と skopos (視界)より)
  • silico - ケイ素(ラテン語より)
  • volcano - 火山(ラテン語より)
  • coni - 塵(ギリシア語の konis より)
  • osis - 病気・症状(ギリシア語より)

参考文献[編集]

  1. ^ eプログレッシブ英和中辞典
  2. ^ Cole, Chris (1989), “The Biggest Hoax”, Word Ways: The Journal of Recreational Linguistics, オリジナルの2014年8月10日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140810033632/http://wordways.com/biggest.htm 2007年10月8日閲覧。 

関連項目[編集]