ニュルニュル語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニュルニュル語
話される国 西オーストラリア州
民族 ニュルニュル族
消滅時期 1999年メアリー・カーメル・チャールズの死
言語系統
ニュルニュラン語族
  • 西部ニュルニュラン語派
    • ニュルニュル語
表記体系 ラテン文字
言語コード
ISO 639-3 nyv
Glottolog nyul1247[1]
テンプレートを表示
西オーストラリア州Derby付近のアボリジニ部族の伝統的な土地。

ニュルニュル語(英:Nyulnyul)は、かつて西オーストラリア州ニュルニュル族英語版によって話されていたオーストラリア諸語に属する言語である。

メアリー・カーメル・チャールズ英語版が西オーストラリア州におけるニュルニュル語の最後の流暢な話者として記録されている。[2]

分類[編集]

ニュルニュル語はBardi語Jawi語Jabirrjabirr語Nimanburru語と非常に近縁であり、相互理解可能性を持つ。これらの言語は全てオーストラリア北部の非パマ・ニュンガン語族ニュルニュラン語族の一派である西部ニュルニュラン語派に属する。Ngumbarl語も西部語派に属する可能性があるが、BowernはDaisy BatesとBillingeeの記録に基づきこの言語は東部語派に属すると主張している。[3]話者たちはこれらの言語は全て別個であると考えている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Nyulnyul”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/nyul1247 
  2. ^ Charles, Mary W. B. McGregor訳 (2000). Winin – Why the Emu Cannot Fly. Broome, WA: Magabala Books. ISBN 1-875641-07-6 
  3. ^ Bowern, C. 2010. "Linguistic Society of America Extended Abstracts".”. 2021年6月12日閲覧。

参考文献[編集]