ニベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニベ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: ニベ科 Sciaenidae
: ニベ属 Nibea
: ニベ N. mitsukurii
学名
Nibea mitsukurii
Jordan and Snyder,1900 
英名
Nibe croaker

ニベ(鮸、Nibea mitsukurii)はスズキ目スズキ亜目ニベ科に属するである。ホンニベとも呼ばれる。シログチとともに関東では「イシモチ」、関西では「グチ」と呼ばれ混同されることがあるが、別属の魚である。外見上では、鰓蓋上部の黒色斑の有無(ニベにはない) や体側の小黒色斑点列の有無(ニベにはある)で区別が可能である。「イシモチ」という通称はその耳石の大きさに、「グチ」という通称はその「ぐうぐう」という鳴き声に由来する。東北沖以南や東シナ海に生息。近海の泥底に棲む。幅広く調理できる白身魚でもある。

[編集]

(うきぶくろ)を煮詰めて作る(にかわ、: Animal glue)がきわめて粘着力の強かった[1]ことから、接着剤の代名詞となった。かつてはを作るときにニベの膠が使われていた。現在は鹿の皮が弓の膠の原料になることが多いが、鹿由来の膠もニベと呼ばれている。弓の膠は引き味を左右する一つの大きなファクターで、ニベ弓にこだわる弓道愛好家も存在する。[要出典]

この膠自体も「鰾膠」(にべ)と称する。そのべたべたした性質から愛想や世辞を表す言葉にも転じ[1]、無愛想な様子を表す「にべもない」という慣用句の「ニベ」も、この「鰾膠」のことである[1]

ニベ科[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c にべ【鮸膠・鰾膠】” (日本語). コトバンク. 大辞林』 第三版(三省堂. 朝日新聞社. 2020年1月30日閲覧。