ニトロフラントイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニトロフラントイン
Structural formula of nitrofurantoin
Ball-and-stick model of the nitrofurantoin molecule
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 Macrobid, Macrodantin and others
Drugs.com monograph
MedlinePlus a682291
胎児危険度分類
  • AU: A
  • US: B
法的規制
投与方法 by mouth
薬物動態データ
生物学的利用能 40%
代謝 liver (75%)
半減期 20 minutes
排泄 urine and bile
識別
CAS番号
67-20-9 チェック
ATCコード J01XE01 (WHO)
PubChem CID: 6604200
DrugBank DB00698 チェック
ChemSpider 5036498 チェック
UNII 927AH8112L チェック
KEGG D00439  チェック
ChEBI CHEBI:71415 ×
ChEMBL CHEMBL572 チェック
化学的データ
化学式 C8H6N4O5
分子量 238.16
物理的データ
融点 270 - 272 °C (518 - 522 °F) (decomp.)
テンプレートを表示

ニトロフラントイン(Nitrofurantoin)は商標名のマクロビッド(Macrobid)で販売されている尿路感染症に用いられる抗生物質である[1]腎盂腎炎には効果的ではない[1]。投与法は経口である[1]

よくある副作用は吐き気、食欲不振、下痢、頭痛があげられる[1]。稀にしびれ、肺または肝臓に支障をきたす場合がある[1]。腎臓に問題がある患者には投与するべきではない[1]。一般的に妊娠中の患者への投与は比較的安全とされるが出産が近い患者への投与はするべきではない[1][2]。ニトリフラントインの効果は殺菌ではなく細菌の成長を遅らせる作用によるものである[1]

ニトロフラントインが発売され始めたのは1953年である[3]世界保健機関の必須医薬品リストに掲載されており、最も効果的で安全な医療制度に必要な医薬品である[4]後発医薬品として入手できる[1]開発途上国での卸価格は1投与$0.005~$0.46米ドルである[5]。米国では10日間分で約$60米ドルである[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j Nitrofurantoin”. The American Society of Health-System Pharmacists. 2015年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月1日閲覧。
  2. ^ Prescribing medicines in pregnancy database”. Australian Government (2014年3月3日). 2014年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月22日閲覧。
  3. ^ Blass, Benjamin (2015). Basic Principles of Drug Discovery and Development. Elsevier. p. 511. ISBN 9780124115255. オリジナルの2017-09-08時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=YTvLAwAAQBAJ&pg=PA511. 
  4. ^ WHO Model List of Essential Medicines (19th List)”. World Health Organization (2015年4月). 2016年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月8日閲覧。
  5. ^ Nitrofurantoin”. International Drug Price Indicator Guide. 2017年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月31日閲覧。