ニジネカムスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯55度38分 東経51度49分 / 北緯55.633度 東経51.817度 / 55.633; 51.817

ニジネカムスクの紋章

ニジネカムスクロシア語: Нижнека́мскラテン文字表記の例: Nizhnekamsk)、あるいはトゥバン・カマタタール語: Түбән Кама, Tübän Kama)はロシアタタールスタン共和国中部にある都市。ニジネカムスキー地区の行政中心地でもある。

「カマ川の下流の町」という名の通り、カマ川下流の左岸(南岸)に位置している。近くでヴャトカ川がカマ川に合流している。タタールスタンの首都カザンからは東へ240km。最寄りの町は、それぞれ25km離れたエラブガママディシュ。カマ川上流方面の35km東に離れた場所にはナーベレジヌイェ・チェルヌイがある。

成立したのが1960年代という若い工業都市であるが、2009年の推計人口は22万6千人と、タタールスタン共和国でも有数の大きな街になっている。

人口は2002年国勢調査で225,399人(1989年ソ連国勢調査では190,793人)。1989年の段階では、タタール人が46.5%、ロシア人が46.1%、チュヴァシ人が3.0%、ウクライナ人が1.0%、バシキール人が1.0%という民族構成になっている。

歴史[編集]

ニジネカムスクの中央モスク
エラブガからニジネカムスクのコンビナートを遠望する

ニジネカムスクの町ができるきっかけは、1950年代末にソビエト連邦政府がタタールスタンの油田の原油を用いて欧州最大級の石油化学コンビナートを作ろうと構想したのがきっかけであった。1961年、カマ川下流のこの場所に大規模な石油精製所と石油化学コンビナートが建設される際、建設労働者のための集落としてニジネカムスキー労働者集落が作られた。ニジネカムスキー労働者集落は、1966年に市の地位を得てニジネカムスク市となった。コンビナートは1967年に完成し、工場労働者の流入により1970年代半ばに人口は10万人を超えている。

産業・交通[編集]

ニジネカムスクは、タタールスタン共和国においては、首都カザンおよび自動車工業都市ナーベレジヌイェ・チェルヌイに次ぎ重要な産業都市であり、ロシアの石油精製の中心的な場所の一つとなっている。主な雇用主は、この街に本社を置く石油精製・石油化学製品製造大手のOAOニジネカムスクネフテヒム(Нижнекамскнефтехим)であり、そのほかにもいくつかの精製所、石油関連企業、自動車タイヤ工場、発電所2つなどの産業が集積する。

カマ川の河岸には河川港があり、鉄道やベギシェヴォ空港もある。市内交通は路面電車やバスなどがになう。

ニジネカムスクを本拠とするアイスホッケークラブにネフテヒミク・ニジネカムスク(Нефтехимик Нижнекамск)があり、コンチネンタル・ホッケー・リーグに所属している。ニジネカムスクは多くのアイスホッケーのプロ選手を輩出している。

外部リンク[編集]